無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

恋心
12
2022/06/21 18:02
N
ほんと可愛くなったよね
R
はぁ〜?なにいきなり笑
だるっ笑
気持ちをストレートに伝えてくれる彼女に、どうも照れくさくて素直になれないのは、最初からで


それでも変わらずに、伝えてくれる言葉たち


「無理して言うもんじゃないでしょ」なんて、言われれば益々、この人が彼女で良かったって思えるんだ
お風呂上がり、スキンケアをしながらソファーに座ってたら声をかけられた
N
りほー
R
ん?
N
ほんと可愛くなったよね
R
はぁ〜?なにいきなり笑
だるっ笑
思ってもみないセリフに自分の髪の毛をかきあげて、毒づいてしまった
それでも、うちの性格をわかってるから西は
N
ほんとのことだしね
照れちゃってかーわい!りほちゃん笑
なんて、笑ってくれる
ほんとは嬉しくて、幸せなセリフなのに


素直になれない自分は毒づくか、流すことしか出来なくて
R
にし
N
ん?
R
……すき、だよ
N
…………!
ビックリしてるの大きな瞳をもっと大きくして



たまには伝えたくて伝えれば、口元をモゴモゴさせながら目を細めて手で顔全体を扇ぐ恋人
R
ははっ笑
N
……いきなりはずるい笑
可愛くなったねなんて いきなり言い出す君
髪を触るクセがついた 照れくさくなるから
自分と 答え合わせしたの
苦しいほど 好きになってた
だけど唇は不器用で 上手く言えない
君の笑顔があれば いつも僕は幸せになるよ
例え 寝不足でも 君の電話なら 朝までずっと付き合うよ