無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

カタオモイ
12
2022/06/15 23:35
N
大丈夫…じゃないよね
R
…すまん。ちょっと笑えない
N
しばらくここに居てもいいよ
R
…ちょっとそうさせてもらう
"彼氏オーディション"

そんな企画をしようと思ってた自分を死ぬほど憎んだ

こんなに怖い思いさせてしまった
いつもの笑顔は消え去っていて、今にも泣きそうに体をこわばらせていて


私が"男だったら"
何度、そう思ったか分からないけど、今回ばかりは本当に心底思った

N
温かいコーヒーでもいかがですか?
R
おひとつお願いします
1時間ほどして、ようやく少しずつ笑顔が出てきて、りほらしくなってきた
「うちなら、あんな怖い目に合わせないのに」


言いたくても言えない、伝えたくても伝えられない



N
こちらコーヒーです
R
ありがたく頂戴します
N
それ飲んだらゆっくりしてたらいいよ
お風呂でも沸かす?
R
ありがとう
N
いいえ
27歳、最初で最後であろうカタオモイ


いつか、報われますように
今日もあなたが 心を惑わせている
ありがとう
初めて恋した時みたいな気持ち

悩むのも 泣くのも
おやすみもサヨナラも嫌だ

あぁ 言えない 言えなくて切ない
眠れない夜には そばにいて欲しいのに
あぁ 言えない こんなに好きなのに
抜け出せないままの
私のカタオモイ
今日もあなたが 心を粉々にする
だけど 嫌いになれない私を笑って?

そばにいられるなら
この体 全部あげたいの