無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

442
2020/09/19

第2話

依存
君さえいればいい。




「さとみくんさえいればあとはどうでもいい」
そう言いながら今日も君は依存してくれる。

最初はちょとした独占欲だった。
だけどその独占欲もだんだんと大きくなっていき莉犬を俺に依存させてしまった。
行き過ぎた依存はダメだとわかっている。だから辞めようとしたけども毎日莉犬が不安になる度俺に愛を求めてきてくれるのが嬉しくて愛おしかった。

依存のせいで莉犬は1人では普通の生活が出来なくなっていた。それに罪悪感がある?と言われたらそれはない。自分では何もできず俺に助けを求めてくるのが愛おしくてしょうがない。だからこれからも依存させ続ける。

もう後には戻でない。

莉犬アイシテルずっと俺だけのモノダヨ?







❦ℯꫛᎴ❧


何を思ってこれを書いたんだが😂