無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

One
あなた

(…。
私は何のために生きているんだろう…。
そろそろ学校が終わる時間…。)



帰らなきゃ

(学校をサボった事がバレたりしたら…。)






殺される

重い体を何とかもちあげて立つ。
あなた

−いっ−

今朝殴られた左足がまだ痛む。

折れてるかもしれない。



このまま帰ったって殴られるだけだ。

殴られる。蹴られる。罵倒される。

それだけの人生。

帰りたくない。

かと言って行く宛もない。
あなた

このまま…

死んでもいい?

答えの帰ってこない問いかけは、夕焼けの中に吸い込まれ
そのまま私は気を失った。



――――――――――――――――――――――――
たぬまま
久しぶりに一緒に買い物できて楽しかったわ
うらたぬき
うらたぬき
そーだねー
たぬまま
ふふふっ❤️
お昼ご飯食べに行く?
???
うん!やったー!!
たぬまま
決まりね!
うらたぬき
うらたぬき
ねぇ、聞きたいんだけどさ〜
たぬまま
ん?
うらたぬき
うらたぬき
何で坂田がいんの?
たぬまま
いいじゃない!さかたんがいたって〜ねぇ?
坂田
坂田
そうよ〜いいじゃない僕がいたって〜ねぇ?
うらたぬき
うらたぬき
まあいいけどさぁ
坂田
坂田
イダッ!!
子供たち
ごめんなさいお兄さん!
ボール取ってもらってもいいですか?
坂田
坂田
おお!ええよ〜  ちょっとまってな〜
ボールを追いかけて公園の草むらに入って行く。
坂田
坂田
…?