無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

202
2018/05/27

第5話

story
ー帰り。
加藤すず
今日はよしくんと会う約束してるから
優愛もついてきてよ~♪
いつも通り静かに帰れると思ったのに…


トホホ、と肩を落としながらも


抱きついてくる私の親友・すずを


思いっきり抱きしめ返した。
私とすずは帰る方面が違うから

いつも電車は別々になる。


けど今日はどうやら彼氏に会いに行くらしく…

着いてきてほしい、とのこと。
すずとは高校に入ってすぐ意気投合して、

仲良くなった。


すずはとにかく明るくて一緒にいて楽しい子。

ただ…
加藤すず
今日ね、よしくんがねぇ
ノロケ話が多すぎる!!
すずの彼氏である田中良樹(たなか よしき)

通称・よしくんは、

私の中学の同級生なんだ。
すずに最初聞いた時は耳を疑った。


中学時代、良樹と席が近いこともあり

よくノロケ話を聞いていたから。


あぁ、あの時言ってた彼女は


すずだったのかぁ。


世の中って、案外狭いんだなぁって。


もう、なんか羨ましくて仕方ない。
加藤すず
ねぇ、そういえばどうなったの?
小林優愛(こばやし ゆま)
どうって…何が?
加藤すず
白王子と黒王子のことだよぉ
小林優愛(こばやし ゆま)
あぁ、
加藤すず
公開告白されてたジャン!!
私に抱きついたまま、

離れようとしないすずは

ニヤニヤしながら私の顔を覗き見てくる。
小林優愛(こばやし ゆま)
…え、あれ。告白だったの?
加藤すず
え、逆に何だと思ってたわけ?
はぁぁ。と、深い溜息をつき

ようやく私の体から離れたすずは
加藤すず
鈍感ちゃんが
と、わけのわからないことを呟いた。
加藤すず
あの二人、賭けしてるみたいだよ?
どっちが優愛を落とせるか、って
小林優愛(こばやし ゆま)
はぁ!?
何勝手に人のこと賭けてんの!?

しかも、
小林優愛(こばやし ゆま)
人を使って遊びとか…
ありえないんですけど
加藤すず
えぇ。遊びじゃないと思うけどなぁ
なんなんだ。


あの二人。



そんな遊びに何か得るものがあるのだろうか。
けど、遊びでも何でも。


優くんの側にいられるのなら


良いかもしれない、って思った。