無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

💍
ディノside
ボノニヒョンが部屋に戻るとスングァニヒョンは笑顔で俺に振り返った
🍊
🍊
さて、どういうことかな(*^^*)
イ・チャン
🦖
🦖
どっどういうことも何も…
🍊
🍊
え?(*^^*)
🦖
🦖
本当にボノニヒョンは少ししか持ってってないんですよ!お揃いの買えるわけないです!
🍊
🍊
なわけないよ、ぼくが多めに持って行ってと50000円持たせたから(*^^*)
🦖
🦖
…っ
💍
💍
マジか…(スングァン・ディノ・以外
🐶
🐶
でもそれ、ボノニのお金でしょ?
🍊
🍊
何言ってんですか、ぼくのお金ですよ。お小遣いあげたんです!
ショッピングモール行くって言ってんのにあの子、1000円だけ持って行こうとするから!!
本当に困った子です(*^^*)
🐹
🐹
恐るべきボノニ愛…
💍
💍
それな(ホシ・スングァン・以外
🦖
🦖
…っ
🍊
🍊
で?何でぼくとお揃いのもの買わせなかったの?ディノ
🦖
🦖
…だってたくさんボノニヒョンとおそろいじゃないですか!
家具も!靴も!服も!アクセサリーも!コップも!食器類だって!
ならもう良いでしょう!
🍊
🍊
はあ!?足りるわけないでしょ!それに!ボノニからだったら何個でも欲しいわ!!
ほんっとありえない!!ボノニの部屋は鍵つけよ!マジムカつく!
そうスングァニヒョンはぷりぷり怒りながらボノニヒョンの部屋に行った。
🦍
🦍
ディノ…
🦖
🦖
なんでですか!もう十分なはずなのに!
🐹
🐹
まあディノの気持ちも分からんでもないけど…

そうメンバーは俺を慰めてくれた。


そして翌日、本当にボノニヒョンの部屋に鍵が付けられた。