無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

💍
👶
👶
はあ〜〜、めんどい
俺がいるところは事務所の練習スタジオ。

さっきまでT×Tと一緒にいたが怪しまれると思ったので事務所にいる。
👶
👶
ん?スマホ…
俺がスマホを開くとスングァンから家督が100件きていた。

他のメンバーからも家督が来ていたが10〜20件ほどなのでスングァンの家督の量よりましだ。
👶
👶
WOW…じゃないわ。
やばいからスングァナに電話…

と俺が電話かけた1秒後にスングァナが出た。


その異常な速さに俺は恐怖を覚えた。
👶
👶
スングァナ?
🍊
🍊
〈ボノニ!どこにいるの!!心配したんだよ!?マネヒョンに聞いても知らないっていうし!〉
👶
👶
今は事務所…
🍊
🍊
〈事務所お!?もう!マネヒョンと行ってよ!後!ぼくに報告してから行って!!〉
👶
👶
わっ分かった…
🍊
🍊
〈とりあえず!お説教はあと!そこにいてね!迎えに行くから!〉
👶
👶
うっうん

そう俺が言い終わるとスングァナは思いっきり電話を切った。
👶
👶
怖っ…
俺はそう言いつつ、スングァナを待つことにした。