無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

💍
🍊
🍊
ただいま戻りました
👶
👶
…ただいまです
💍
💍
おかえりー!(スングァン・バーノン以外
👶
👶
…
🍊
🍊
…ボノニ
👶
👶
…
🦍
🦍
何かあった?
🐰
🐰
どうしたの?2人とも
👼
👼
どうかしたの?大丈夫?
👶
👶
…なんでもないです
🍊
🍊
…
👶
👶
…
🧚‍♀️
🧚‍♀️
あれ、そういえば…
💍
💍
???(ジュン以外
👶
👶
…
🧚‍♀️
🧚‍♀️
ボノニ、T×Tといなかった?
👶
👶
…っ
💍
💍
え(ジュン以外
👶
👶
…
🍊
🍊
ボノニ、事務所に行ったのって…T×Tとあってたのを隠したかったから?
👶
👶
…うん
🍊
🍊
…はあ〜、そう言ってくれれば良かったのに
👶
👶
…ごめん
🍊
🍊
嘘付かずに正直に言ってよ…
👶
👶
…怒られそうで…心配かけたのに…その…どうしても…
🍊
🍊
…嘘つかれる方が悲しいの、ぼくは
そうスングァナは言うと震えている俺を優しく包み込むように抱きしめてくれた。
👶
👶
…
🍊
🍊
正直に言って欲しかったな、ボノニ
👶
👶
…ごめん…
🍊
🍊
…もういいよ、次からは気をつけて
👶
👶
うん…ごめん…
🍊
🍊
もう良いってばw
👶
👶
ありがと…スングァナ…
🍊
🍊
いいえ(*^^*)
👶
👶
…眠い…
🍊
🍊
寝る?部屋開けておいたから寝ておいで
👶
👶
うん…
🍊
🍊
気をつけてね
👶
👶
ありがと…

そう俺は言うとスングァナの言う通り部屋に戻って寝た。