無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

💍
👶
👶
疲れる…
🍊
🍊
離れて!ぼくのボノニなの!
🐹&🐴
🐹&🐴
はあ!?俺たちのだし!

まだギャーギャーやってる…お腹すいてるのに…
👶
👶
スングァナ…お腹すいた…
🍊
🍊
ごめん!ご飯?今用意するね!

そういったスングァナだが、俺から離れようとせずに食事の準備した。
👶
👶
いつのまに…
🦍
🦍
それだけ離れたくないんだな…
👶
👶
ヒョン
🧚‍♀️
🧚‍♀️
まあ、ボノニにも悪いところあるよ〜〜☆
👶
👶
俺の悪いところ…
🐸
🐸
ヒョン!お口チャック!!

そう言うと、ジュンヒョンの口をディエイトヒョンが押さえた。
🧚‍♀️
🧚‍♀️
〜〜〜〜(絶賛お口抑えられ中
🐸
🐸
ヒョンは…
👶
👶
なんか言ってるけど分かんない…
🍊
🍊
出来たよ〜〜
👶
👶
ありがとう
🍊
🍊
いいえ(*^^*)

そう俺はスングァナにお礼を言ってからご飯を食べ始めた。