無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

💍
👶
👶
ここかな…
🦖
🦖
着いた!!
👶
👶
じゃあ行こ
🦖
🦖
はい!
俺たちがショッピングモールに着いた頃スングァナはというと…
🍊
🍊
大丈夫かな、事故に遭ってないかな、怪我してないかな、迷子になってないかな、
お揃いのもの…楽しみだな(*^^*)

1人でぶつぶつ言いながら俺の部屋を掃除していた。
💍
💍
うわあ…(スングァン以外

これを見たメンバーは引き気味である。

そうとも知らずに俺たちはショッピングモールではしゃいでいた。
👶
👶
ここ行く?
🦖
🦖
ヒョンの行きたいところでいいです!
👶
👶
ディノは?どこか行きたいところとか…
🦖
🦖
ヒョンについて行きますよ!お揃いのものもボノニヒョンが選んでください!
👶
👶
分かった。


ディノに全部任された俺はどうしようと悩んでいた。

一方、ディノは悩んでる俺が可愛いらしくスマホのカメラで連写していた。