無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

💍
🍊
🍊
…もういい?
🍁
🍁
…なんでですか、あなたたちは早く仕事に行ってはいかがです?

ヨンジュンは俺に抱きついたままスングァナを睨みながら言った。
🐇
🐇
…そうですよ、いつまでいるんですか
🐿
🐿
もう行ったらどうですか
🦄
🦄
…先輩、行きましょう。
👶
👶
???
🍁
🍁
荷物はもう全部俺たちの宿舎に置いてます!
👶
👶
oh my gosh…
🐿
🐿
さすがいい発音!!
👶
👶
Thank  you
🍁
🍁
ほら、行きましょ!行きましょ!
👶
👶
うおっ

そう俺はヨンジュンに手を引かれて、メンバーになにも言えず宿舎から出た。