無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

💍
ディノside
ボノニヒョンが部屋に戻るとスングァニヒョンから笑顔が消えた。
🍊
🍊
…
🐹
🐹
スッ、スングァンさん…?
🦍
🦍
やばいな…
🐰
🐰
ガチおこだね…
👼
👼
あらら…
🍊
🍊
…許さない
🐸
🐸
でも、ボノニは悪くないからね
🍊
🍊
分かってます、ヒョン
🐴
🐴
ボノニは無罪!
🐶
🐶
でも、T×Tは有罪!
🐸
🐸
みんぎゅ
🐶
🐶
何⁉︎
🐸
🐸
ハウス
🐶
🐶
わん。(🐶
🦖
🦖
どうするつもりですか?
🍊
🍊
ぼくがボノニのそばにいる
🧚‍♀️
🧚‍♀️
カッコイイーー☆
🍊
🍊
トイレとお風呂以外一緒にいてあげたいと思います。
事務所とか買い物もボノニが行きたいなら着いて行こうかと…
🦍
🦍
いいと思う
🐰
🐰
うんうん^ ^
👼
👼
いい案だね^ ^
🐹
🐹
でも、いけなかったら?
🍊
🍊
GPSはもう付けてるんで大丈夫です
🦊
🦊
すげえな
🍼
🍼
軽く恐怖
💍
💍
それな(ウジ・ウォヌ以外

と俺たちたちが話していたとは知らずにボノニヒョンは部屋で眠っていた。