無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

590
2020/04/29

第18話

🍼
ピンポン
ガチャ
You
You
はーい
You
You
あ、ジフン君、スングァン
なんか前あった時より可愛い…
いや、俺どうした
スングァン
スングァン
久しぶりです。ヌナ
You
You
あ、うん
ウジ
ウジ
てか、お前今ちゃんと確認してから開けてないだろ
You
You
大丈夫だよ、私の家に来る人はそんないないから
ウジ
ウジ
気をつけろよ、俺だからよかったけど
You
You
うん
スングァン
スングァン
ヒョンとヌナ恋人同士みたいな会話しないでくださいよ
ウジ
ウジ
は…///
スングァンの言葉につい声が漏れた。
You
You
え//
スングァン
スングァン
冗談ですよ、そんなふたりして照れられたら困ります笑
ウジ
ウジ
照れてねぇし
スングァン
スングァン
そうですねー
You
You
もう、早く行こ
個室の店に入った俺たち
少しして
スングァン
スングァン
ヌナ、なんか今日僕に冷たくないですか?
You
You
え?!そ、そんな事ないよ
あからさまに動揺するあなた
スングァン
スングァン
そんなことありますよ、ねヒョン
ウジ
ウジ
そうだな
You
You
ジフン君まで
ウジ
ウジ
スングァナはしつこいから早く言った方がいいぞ
スングァン
スングァン
ヒョン、しつこいって
ウジ
ウジ
本当の事だ
スングァン
スングァン
で、ヌナ
やっぱりしつこくねなんて思いながらあなたを見た。
You
You
じゃあ、絶対引かないでね、笑うのもなし
スングァン
スングァン
ネ
ウジ
ウジ
おう
You
You
実は、スングァン期に入っちゃって、今、目の前にいるから緊張してる
どんどん小さくなるあなたの声
スングァン
スングァン
なんだ、そんな事か
You
You
ひどい、私にとってはそんな事じゃないの
スングァン
スングァン
だって僕嫌われたのかと思いました。
スングァン
スングァン
じゃあ、今だったらウジペンからスングァンペンになるかもしれないってことですか?
気まづそうに顔を背けるあなた
スングァン
スングァン
ヒョン、ヌナが僕のペンになっても怒らないでくださいね笑
You
You
いや、ウジ君も好きだよ、大好きだけど今はスングァンも同じくらい好きなだけ
You
You
あ
俺のことを好きって言ったかと思えば急に顔を真っ赤にしたあなた
スングァン
スングァン
本人の前で、ヌナって大胆笑
You
You
もう、いじらないで///
スングァン
スングァン
ヒョンも耳赤いですよ
ウジ
ウジ
赤くないし///
スングァン
スングァン
こんなの見せられたら、ヌナはやっぱりウジペンだなって思います笑
スングァン
スングァン
でも、ウジヒョンだけじゃなくて僕のことも好きでいてくださいね
You
You
…///
ウジ
ウジ
いや、ここは握手会か
You
You
ご、ごめん。普通にかっこよすぎて///
お前はほんとに俺のペンなのかって疑いたくなるぐらい照れているあなたを見て少しイラッとした。