無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

624
2020/04/28

第17話

🍼
作業室
レコーディングをしている
もう終盤で、最後はスングァンだった
スングァン
スングァン
あー終わった
ウジ
ウジ
お疲れ様
スングァン
スングァン
ありがとうございます
スングァン
スングァン
あ、ヒョン最近ヌナとはどうなんですか?
ヌナ?
ウジ
ウジ
ヌナって誰だ?
スングァン
スングァン
もー、あなたヌナに決まってるじゃないですか!
ウジ
ウジ
あー、いや決まってはないだろ
スングァン
スングァン
でどうなんですか?
ウジ
ウジ
何が?
スングァン
スングァン
会ってないんですか?
ウジ
ウジ
いや、会う理由がねぇじゃん
スングァン
スングァン
えー
変な事聞いてくるなぁ
スングァン
スングァン
僕、ヌナに会いたいなぁ
ウジ
ウジ
会えばいんじゃね
少しモヤッとしてぶっきらぼうにそう言った
スングァン
スングァン
もーヒョン!僕は連絡先知らないんでヒョンにお願いしてるんです
ウジ
ウジ
あ、そういうこと
スングァン
スングァン
ヒョン変なとこ鈍感だからなぁ
スングァンの余計な言葉を無視しながら連絡先を開いた。
スングァン
スングァン
今日にしましょ
ウジ
ウジ
え
スングァン
スングァン
そんな嫌がります。明日オフだからいいじゃないですか
ウジ
ウジ
分かったよ
カトク
カトク
カトク
今日、暇?
久しぶりに連絡するため少し文に迷ったがシンプルに書いた。
カトク
カトク
暇だけど、どうしたの?
カトク
カトク
スングァンがあなたに会いたいらしい、だから飲みに行かね?
カトク
カトク
行く
カトク
カトク
じゃあ19時に迎えに行く
カトク
カトク
分かった
ウジ
ウジ
いいって、19時にあなたの家に迎えに行くから
スングァン
スングァン
ヒョンありがとうございます
カトク
カトク
おう
スングァン
スングァン
ヒョン乗り気じゃなかったくせに迎えに行くんですねニヤッ
ウジ
ウジ
うっせ
スングァンと二人きりにするのはなんか嫌だと思い咄嗟にそう送った。