無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

166
2021/01/18

第13話

①③
あなた

なに?




ジッと見つめられてドキッとした。


薫
ねえちゃん……大事な話があって……
もう少しだけいい?
あなた

う、うん

薫
実は……さ



薫くんが何を言おうとしているのか、そんなことわかるはずもない。


けど、なぜかドキドキする。


ゴクリと唾液を飲み込む。


部屋の中は涼しいはずなのに、やけに暑く感じた。


あなた

薫くん?

薫
……ごめん。あ、あのね……
実は、僕……



        そして薫くんは言った。







   ――来月、転校することになったんだ、と。








        頭の中が真っ白になった。






あなた

ぇ?

薫
……急に決まってさ。
僕も気持ちの整理がついてなくて
薫
でも……あなたねえちゃんには
すぐ言わなきゃって