無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

Story5
               “マサイもあなたのこと好きだからね”
やっぱそうだよな…

あんな綺麗な人誰でも惚れるし

まあ俺も惚れてるんだけどさ

こんな惨めで何も出来なくて

あなた先輩のこと何も知らない俺が

恋愛対象になれるわけないよな
にしても彼氏からDVか…

つまり彼氏さんがあなた先輩に暴力を振ったって事だよな

俺が細かく見てないからかもだけど

傷一つない感じだったけどなぁ

……彼氏さんがきっかけで男性恐怖症か

絶対その彼氏さんに会ったら許さねぇ
シルク
絶対守るんだ
                     放課後
ンダホ
じゃ、俺野球部に行くからな〜
シルク
はいよ〜頑張れよ!
ンダホ
もちろん!
あなた先輩どんな雰囲気になってるのかな

普通の時と違うのかなぁ〜
マサイ
こんにちは^^*
シルク
あ、あ、えっとこんにちは
マサイ
新入部員?かな
シルク
あ、はいそうです
マサイ
付いておいで
シルク
は、はぁ…
マサイ
みんなー新入部員来たぞ〜
バスケ部男子
おー!よろしく!
シルク
よ、よろしくです!
天羽
天羽
バスケ部ー!集合!
バスケ部男子
はい!!
バスケ部男子
お願いします!!
天羽
天羽
はい、今日もいい挨拶!今日は新入部員がいるから、自己紹介からね
バスケ部男子
はいっ!
天羽
天羽
じゃあシルクくんからね
シルク
はい!1年A組シルクです!小学校からバスケやってます!皆さんの足を引っ張らないよう頑張っていくのでよろしくお願いします!
バスケ部男子
よろしくお願いします!!
※他にも新入部員いますよ?←
マサイ
2年A組、バスケ部主将マサイです。校内では副会長やってます。よろしくお願いします!
バスケ部男子
よろしくお願いします!!
天羽
天羽
2年A組、マネージャーの若菜 天羽わかな ういです!よろしくね!
バスケ部男子
よろしくお願いします!!
あなた
あなた
同じく2年A組、副マネージャーの水樹みずきあなたです(*。・ᴗ・。*)よろしくお願いします!
バスケ部男子
よろしくお願いします!!!!
わぁ…初めて話した時より

声大きくなってる

やっぱり怖がってたよなぁ

はじめて話した時は声が小さくてどんな声か

あまり聞こえなかったけど

今のでハッキリした

あなた先輩は

すごく凛々しい感じだけど

柔らかく包み込むような優しい声で

微笑んだ時、可愛らしい声がした


マサイ
んじゃまず、ランニングからやっていこか
バスケ部男子
はい!!
                     省略←雑
マサイ
じゃあ今日はここまで!また明日!
バスケ部男子
お疲れ様でしたー!
天羽
天羽
ごめん、あなた。後片付けお願いできる?
あなた
あなた
うん、大丈夫だよ
天羽
天羽
ごめんね〜💦ありがと!
あなた
あなた
またねーヾ(*´∀`*)ノ
天羽
天羽
またねーヾ(*´∀`*)ノ
あなた先輩も残って片付けか…

大変だな










待てよ。







俺とあなた先輩以外は全員帰った







つまり!!








































2人っりだぁぁぁぁぁあぁぁゐぁあ!


└('ω')┘フォォォ!!





おっといけない

こんなthe 変人みたいな所あなた先輩に見られてたら

完全に引かれてたわ…


大変そうだし、手伝お




まあ本音は距離を縮めたいだけだけど……なんて最低だな俺w


シルク
あ、あのあなた先輩
あなた
あなた
・・・?
シルク
手伝いますよ?
あなた
あなた
えーっと……名前…
シルク
あ、シルクです!
あなた
あなた
あ、そうそう…シルク君。どうしたの……?
シルク
後片付け手伝いますよ
あなた
あなた
えっ!?そんな大丈夫だよ……?
シルク
いいんですよ。こんな綺麗な女性置いていく訳には行かないですし、片付け大変ですから























































































































“ありがとう”