無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第52話

Story52
あなた
あなた
ねぇシルク
シルク
ん?
あなた
あなた
あのさ……




































・・・
















































あなた
あなた
別れよっか
シルク
え?
シルク
なんで…
あなた
あなた
ごめん
シルク
なんで謝るんだよ……
あなた
あなた
ごめんね
シルク
俺なんかした?
シルク
何か傷つけた?
シルク
そうしてたらごめん
あなた
あなた
違うの
シルク
じゃあなんで……
あなた
あなた
ごめんね、教えられないの
あなた
あなた
また先輩後輩の関係に戻るから
シルク
なあ!待てよ!あなた!























・・・




















































シルク
はあっ!
シルク
はぁはぁ……
シルク
夢……?



時計を見ると夜中の3時



















夢であることを確認し


















ほっと息をつき、胸を撫で下ろす



















まだ3時だし寝るか


















今日の朝もいつも通り話すことが出来るよな































まさか予知夢じゃない…………よな
























とりあえず寝よう






























┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



































兄貴
おらチビー起きろ
シルク
んー……あと少し…
兄貴
お前、遅刻すっぞ?
シルク
なら今何時だよ…
兄貴
8:00
シルク
え?
兄貴
8:00
シルク
嘘だろぉぉおおお!?
兄貴
あと15分で門閉まるぞ
シルク
\( 'ω')/イヤアアァァァァアアアァァァァアアア!!!!
兄貴
叫んでないではよ学校行けぇぇぇぇぇぇ!
シルク
うわぁぁぁあぁあ!












TARAKOくん急いで登校
















短くてごめんなさい!







あのね、ちょっとね






焦らしたいの((((







許してちょ☆