無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

Story10
シルク
よかった……。なんとか話しかけれるようになる…。




あぃぁぁぁなんであんなことしたんだよ俺ぇぇぇぇぇ!


マジであの時の俺殴りてぇわ


あぁ、もう考えるのはやめよう

ゆっくり寝て忘れよう────







































次の日



ンダホ
今日あなた先輩と話せるといいな!
シルク
おう!ありがとよ
ンダホ
親友の頼みだろ?俺が結構お世話になったんだから恩返しだよ。頑張れよ?
シルク
おう!
ンダホ
あ、ほら先輩来たよ
シルク
あぁ……尊い…綺麗すぎる
ンダホ
もうあなた先輩依存性かよwww気持ち悪いぞ?引かれるぞ?
シルク
え・・・( ˙-˙ )まじ?
ンダホ
え、シルクがもし知らない女に「ハァハァ、シルクくんかっこいい……」て妄想されてたら気持ち悪いだろ?
シルク
まあそうだな( ˙-˙ )可愛い子は別
ンダホ
それが所謂
シルク
あなた先輩♡
ンダホ
(;´Д`)おえっ
シルク
やめろやぁぁぁw
ンダホ
www
あなた
あなた
おはよう(*´˘`*)
男子達
お、おはようございます!あなた先輩!
天羽
天羽
相変わらずの人気ねw
あなた
あなた
そうかな〜
シルク
あ、あの!あなたせんp…
天羽
天羽
シールークーくーん?(^ω^)
シルク
な、なんですか天羽先輩
天羽
天羽
ちょ〜っと来てもらえる?(^ω^)
ンダホ
(´・ω・`)ノ どんまい
シルク
\( 'ω')/イヤアアァァァァアアアァァァァアアア!!!!





資料室
シルク
な、なんですか急に
天羽
天羽
私の大切な大切な大切な大切な大切な大切な大切な大切な大切な大切な大切な大切な大切な大切な大切な
シルク
はいはい(棒)
天羽
天羽
あなたをおぉぉぉぉぉ
天羽
天羽
傷つけたねぇえぇ〜?(^ω^)
シルク
い、いや誤解なんですって!
天羽
天羽
何が誤解なのよおおおお!
シルク
気づいたら手が動いてて…
天羽
天羽
もうあなた泣いてたんだからね!!
シルク
す、すみません……。
天羽
天羽
あなたに謝ってね?絶対に傷つけないでね?
シルク
も、もちろん!
天羽
天羽
次傷つけたら一切近づかせないから(^ω^)
シルク
は、はひいいい!
天羽
天羽
てなわけでほら、いってらー!
シルク
えええ!?
俺は勢いよく天羽先輩に背中を押された


勢いが良すぎてあなた先輩に当たりそうな距離になる
シルク
うわぁぁぁぁ!
あなた
あなた
え、え!?
シルク
避けて下さァァァァァい!
あなた
あなた
ひえぇぇぇぇぇぇ…
ドスッ


壁に手をつく

なんとか止まった…。

安心して目を開けると








目の前には


























































あなた先輩がいた
あなた
あなた
あ、あ…
シルク
す、すみません!
あなた
あなた
う、ううん……大丈夫……
あなた
あなた
じゃあ…
壁ドン状態になっていたのを

手の下から抜けて

髪を揺らしながら走っていく

あ、謝らないと!
シルク
あなた先輩!
あなた
あなた
……?
ゆっくりと漫画の主人公が振り返るように

綺麗に振り返る

もうその姿でキュン死しそうで言葉が出なくなりそうだった
シルク
き、昨日はいきなり触れたりしてすみませんでした!
多分先輩はえ?という表情をしているだろう

なんとか許してもらって

また昨日みたいに話したい



少しずつ俺の事を信用して貰えるように…
スタスタとあなた先輩が近づいてくる音が聞こえる


すると俺にしか聞こえない声で呟いた
あなた
あなた
そんなに必死に謝られたら許す以外選択肢無くなっちゃうじゃん…笑
笑顔で甘くて優しい声で

俺の目を見て言ってくれた

先輩の笑顔につられて思わず笑顔になる

先輩の笑顔は人を笑顔にする力があるな








あれ?気の所為なのか?




























































































頬を少し赤くしたように見えたのは────



























































♪.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜☆.:*:・'゜♪.:*:


作者
作者
どもども作者です。期末テストも終わって極楽気分ですよ←日本語おかしい

この度は小説かけずすみません!

書こうと思ってもやっぱりやめて、見たいのが続きまして……( ˙-˙ )

ほんとにすみません!


それと今回もやばいです
作者
作者
ま、ま、まさかの!あの「#シルクを探せ!」で有名なHANABI様が!!

お気に入りに追加してくれてました(´;ω;`)

ホントやばいですよ!!

通知見た時発狂しましたもん←近所迷惑やな

ほんとにホントにありがとうございます!

HANABI様の作品はホントに面白さもあって

予測できない物語で

キュン死しそうな物ばかりでもう

情景も書くのも上手いとか

羨ましですぅうううう!

これからも見させていただきます(♡˙︶˙♡)



それでは皆様( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー