無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第39話

Story39
🔞があります。苦手な方はUターンを…
















































































┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈























ほら、またそんなこと言う





これ以上言ったらホントに






















狼男になるよ?












あなた
あなた
シルク?
シルク
・・・
あなた
あなた
シルク??どうしたの?
あなたには嫌われるかもしれない






けど





















もっと身を委ねて欲しいから


















俺の物って証だから










ごめんな


ドスッベットに押し倒す
あなた
あなた
うわっ
作者:まあ床ドン的な感じですよ、はい。
あなた
あなた
ど、どうしたの?
シルク
あなたはさ
シルク
初めては誰に奪われたの?
あなた
あなた
·····っ
やっぱ黙るよな








過去に無理やりされたんだから
シルク
怒ったりしないから
あなた
あなた
先輩、の…友達3人くらいに…
シルク
そっか…
シルク
上書き、してもいい?
あなたは少し困ったような顔をした
シルク
全部が見たい。暴力とかそういうことはしないから
安心したのか、顔を上げ












俺の目を見て










あなた
あなた
私も…全て預けたいよ
シルク
いいの?
あなた
あなた
うん
緊張を解くように



ゆっくりと唇を重ねる




あなたの頬は一瞬にして赤く染っていく



またゆっくりと唇を離す



息苦しかったのか息切れをしてる


息が整ってからしようと思ったけど


物欲しそうに見てるから、ダメだった



もう一度唇を重ねる



1回目より激しいリップ音がなる


何回も何回も角度を変えてキスをした


また唇を離して


あなたが息を整えている間に



俺の舌はあなたの口の中へ


やっぱり先輩としてるせいか、慣れてる




キスをしながら、俺の右手は


あなたの服の中に侵入していた


やわやわと揉むと
あなた
あなた
んっ…
シルク
抑えないで?もっと聞きたい
あなた
あなた
でもっ…
そんなことを話してる間に


胸を触っていた右手は


ブラホックを外して、服を脱がせていた


あなた
あなた
恥ずかしいよ…やっぱ怖い…
あなたは腕で胸を隠した
シルク
あなた、俺をもっと信用して欲しい
シルク
だから、ゆっくりでいいから。身を委ねて?
あなた
あなた
うん…
あなたは腕を離した


もう一度胸を触る


胸の頂点を舐めると
あなた
あなた
ひゃあっ!
まだ序盤なのに大きい声出してる


この先進むとどうなってしまうんだろう


背中がぞくぞくする


片方の左手は


もう下の方にいっていた
シルク
ごめん、いれていい?
あなた
あなた
いいよ……でも…そんなに大きいのはいるの……?
シルク
えっ、入るけど…ここまでやられてないの?先輩達に
あなた
あなた
(。_。`)コク
どうやらいれられてはないらしい


体を触られたくらいだろう


でも嬉しかった



初めてが俺だから。



だから優しくしないと
シルク
痛かったら言えよ。言えなかったら背中に爪たてていいし。合図出せよ?
あなた
あなた
(。_。`)コク
ゴムを付けて


ゆっくりいれた
あなた
あなた
はぁっ……い、たっ……
シルク
頑張れ…っ
あなた
あなた
あっ、痛い……痛いよ……
涙目になってしまった


過去思い出させちゃったかな


指で涙を拭いた
シルク
ごめんな、あと少し我慢出来るか?
あなた
あなた
(。_。`)コク
シルク
全部いれるぞ?
あなた
あなた
うん…
そして


一気にいれた
あなた
あなた
あぁっ!う、あ…
やっぱり痛いよな



ごめんな




全て入るのに時間はかかったけど


それでも受け入れてくれてる


シルク
動くよ
最初っから強くはキツイから


ゆっくり動かした


あなた
あなた
は、んっ…あっ…
ゆっくり動いただけで


さっきよりもっと声が出ている


もっと聞きたい
あなた
あなた
ね、ねぇ……
シルク
ん?
あなた
あなた
も、う……んっ……シル、クのっ……あっ、好きなよう、にっ……んぁっ、して?
シルク
もう止められないよ?
あなた
あなた
いいよっ…

俺は激しく動いた
あなた
あなた
あぁっ!……やぁっ……はぁ…
さっきより声はもっともっと大きくなっていく
あなた
あなた
なん、か……んぁっ……きちゃう……っ
シルク
一緒にいこ?
あなた
あなた
う、ん……ほぁっ
シルク
·····くっ
あなた
あなた
あぁ……っ
俺達は同じタイミングで果てた

あなた
あなた
シルク……
シルク
ん……?
あなた
あなた
大好き、だよ
シルク
俺も
最後に1回だけリップ音を鳴らして、眠りについた





◌⑅◌┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈◌⑅◌



言うことがありましたので編集しました!


初めての🔞


結構過激だったと思います…


苦手だった方


純粋な心が汚れてしまってるので


お風呂に入ってきてください。


または顔を洗ってきてくださいね♡((え


そして嬉しいお知らせ!!
はい!私の憧れ!

玲 彩 🐟様が!


男性恐怖症の先輩のお気に入りに入ってましたァァァァ!


私のお気に入りの小説家様に入ってます!

玲 彩 🐟様の作品

赤いお魚さんはシスコンみたいです



ホワイトボード


を愛読してもらってます︎💕︎

表現力豊富で


主人公ちゃんの書き方?というか

なんというか((語彙力


が面白くて😂


本当にお気に入りにいれてくださりありがとうございます!!!!