無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第55話

Story55
天羽
天羽
え、嘘でしょ…
シルク
これって俺が悪いんですかね…
天羽
天羽
ご、ごめん
天羽
天羽
そんな思いしてるなんて知らなくて…
シルク
いいやいいんです。
天羽
天羽
私、許嫁いいなずけが出来たってことしか知らなくて…
シルク
許嫁いいなずけ……?
天羽
天羽
……!!
天羽先輩は我に返ったようにハッとし










口を手で抑えた
シルク
……どういう事ですか
天羽
天羽
そ、そんなつもりじゃないの!
天羽
天羽
あとから言おうと思ってて…
シルク
……教えてください。元から許嫁がいたんですか?
天羽
天羽
違う。それは違うの
天羽
天羽
……詳しいことはあなたに聞いて
シルク
でもあなた、LINEとか電話しても出てくれませんよ
天羽
天羽
私だけ会っていいって言われてるから
天羽
天羽
放課後、家に行こ
シルク
俺なんかが行っていいんすか
天羽
天羽
何とかするから。
シルク
わかりました






























放課後



















天羽
天羽
行こ
シルク
はい…










許嫁が出来たなんて
















今でも信じられない























きっとあなたの心のどこかには



















俺がいるはずだよな……?



















ピンポーンチャイムの音






瑠杏
はーい、どちら様?
天羽
天羽
天羽です。あなたに会えませんか
瑠杏
了解。いいよ、今開ける






🚪がちゃ_
瑠杏
どうぞ……ってシルクくん…
天羽
天羽
瑠杏さん、お願いします。シルクも入れてください
瑠杏
そうしたいけど……両親が天羽ちゃん以外許さないから…
シルク
お願いします、瑠杏さん。少しだけでも話をさせてください
瑠杏
……わかった。
瑠杏
両親は今出掛けてるから、早めにね
瑠杏
いつ帰ってくるかわからないから
シルク
わかりました
天羽
天羽
急ぐよ、シルク
シルク
はい……!









トントンノック音
天羽
天羽
あなた?天羽。入れてくれない?
あなた
あなた
……鍵開けたから入っていいよ








微かに聞こえたあなたの声



















その声は、震えているようだった
















シルク
あなた…
あなた
あなた
シル、く……?
天羽
天羽
ごめん、あなた。シルクも連れて来ちゃった
シルク
お願いだ、あなた
シルク
なんで別れようって言ったか聞かせて欲しい
あなた
あなた
……いいよ。
天羽
天羽
二人きりにするから、私は部屋を出るね
あなた
あなた
うん……。







天羽先輩はあなたの部屋をあとにした














シルク
……なぁ、あなた
シルク
なんで別れようって言ったんだよ
あなた
あなた
……







あなたは肩を抱え、震えて










泣き出した
あなた
あなた
ごめ、ん…
あなた
あなた
私……許嫁が出来たの…
シルク
俺の事は好きじゃねぇの……?
あなた
あなた
好きだよ……好きで好きで仕方ないくらい…
あなた
あなた
一昨日言われたの……許嫁が出来たって両親から…
シルク
え…
あなた
あなた
私は嫌だって言ったの…
あなた
あなた
でも無理やり結婚させるって……
シルク












┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈















母)あなた、話があるの
あなた
あなた
なに?お母さん
母)許嫁が出来たわ
あなた
あなた
え……わ、私彼氏いるんだよ……?
母)彼氏?そんな、はしたない。別れなさい
あなた
あなた
嫌だよ!私はその人のことが好きで…
母)別れなさいって言ってるでしょう
父)いくら抗っても、許嫁とは結婚してもらうからな
あなた
あなた
そんな…
あなた
あなた
……相手は誰




























































































マサイくんよ───