無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第72話

番外編 嫉妬🔞







どうもシルクです



















今日は休日で、あなたが俺の家に来てます

















ついでにンダホも。

















ンダホ
おじゃましまーす!
シルク
あ、うるさいヤツきた
ンダホ
いや誘ったの誰だよ( ˙-˙ )
シルク
俺だわ( ˙-˙ )
ンダホ
わかってるじゃないか( ˙-˙ )
あなた
あなた
あ、ンダホくんだ!
ンダホ
あ!あなた先輩!お久しぶりです^^
ンダホ
やっぱいつになっても美しいですね〜
ンダホ
今でも伝説みたいになってますよ笑
あなた
あなた
そこまで?笑










え、やだ( ˙-˙ )




















ンダホと話さないでくれよぉ…



















しかも美しいとか言わないで





















俺のものなんだから


















ンダホ
ねぇシルク
シルク
ん?
ンダホ
飯ない?^^
シルク
ないけd
ンダホ
無いの?(^ω^)
シルク
( ˙-˙ )
あなた
あなた
あ、なら作ろっか?
ンダホ
え、いいんですか?!
あなた
あなた
うん、いいよ笑
シルク
じゃあ頼む。すまんな
あなた
あなた
いいよいいよ!
あなた
あなた
キッチンと材料借りるね
シルク
はーい







┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
















あなた
あなた
はい、オムライス!
ンダホ
美味しそ……ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”
シルク
ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”
ンダホ
うま!
シルク
うま!
あなた
あなた
良かった^^*





┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
















ンダホ
で、シルクですね〜もうあなた先輩にデレデレなんです‪w‪w
シルク
おいお前……!
あなた
あなた
ほんと?笑 嬉しいな😳






やっぱ俺よりンダホと喋ってる







































いたずらするか

















ローター入れよ←



















バレないように……


















よし☆←

















まずは弱にしよ




































あなた
あなた
はうっ……///
ンダホ
ん?どうしました?
シルク
どうした?具合悪いのか?
あなた
あなた
え、いや……ううん…///
ンダホ
にしても、やっぱ3年って最高学年だし
ンダホ
意外とめんどくさいとこあるよね〜
シルク
だな‪w‪w
あなた
あなた
そう、だね……しっかりまとめないといけないし…
あなた
あなた
んっ…///






┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



















あなた
あなた
はぁ…っ///
シルク
ほんとに大丈夫か?あなた






やばい理性飛びそう


















こんな弱かったっけ?
















あなた
あなた
大、丈夫…んぁ…///






もう我慢出来ないわ…


















シルク
ンダホ、うつるといけねぇから帰れ
ンダホ
でもシルクがうつるよ?
シルク
大丈夫、彼女にならうつされてもいいし
ンダホ
笑笑そうだね笑
ンダホ
じゃお邪魔しました〜あなた先輩お大事に〜
あなた
あなた
うん、ありがと〜///








ンダホが帰ったのを確認する
















よし、結構離れたな















あなた
あなた
ねぇ…何かいれた?///
シルク
おう、入れたよ
あなた
あなた
止めてってば…///
シルク
いやだね
あなた
あなた
イッちゃうって///
シルク
あ、もうイクって言葉覚えたんだ笑
シルク
イッたらいいんじゃない?
あなた
あなた
んぁ…/// もう、ダメ…///
シルク
あー、イッたね
あなた
あなた
うぅ……んふぅ…///
シルク
どうした?笑
あなた
あなた
襲って…?///







エロい顔で上目遣いはずるいわ。


















シルク
いいよ。でも覚悟しろよ































🔞、男性恐怖症の先輩では久々ですね笑







見てて不快だったらごめんなさい💧