無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第63話

Story63




作者:もうクリスマスってことで‪w‪w



























とうとうクリスマスの日



















今日はホワイトクリスマスになるみたいだ














雪は少しずつだけどチラチラ降っている
















シルク
綺麗だな…
あなた
あなた
シルク〜!





あなたが手を振りながらこちらに向かってくる























もうホントになんなんだろう


















天使にしか見えない




















あなた
あなた
今日の服……どうかな?


※消えてたらごめんなさい💧
シルク
可愛い……よ///
あなた
あなた
良かった…///
シルク
いこっか
あなた
あなた
うんっ!
あなた
あなた
手……繋いでいい?
シルク
いいよ




俺とあなたは手を繋いで











指を絡ませる





















お互いの熱が通じあってるような気がした


















シルク
フルーツタルト食べたいんだっけ?
あなた
あなた
うんっ!
シルク
じゃああそこのお店寄るか
あなた
あなた
うんっ!





ほんとに好きなんだなぁ……‪w‪w

















店員)いらっしゃいませ〜。ご注文はお決まりですか?







シルク
フルーツタルトを2つと…
シルク
何飲みたい?
あなた
あなた
ミルクティーかな
シルク
じゃあミルクティー2つお願いします






店員)かしこまりました。少々お待ちください













あなた
あなた
(*ˊᵕˋ*)♩
シルク
ほんとに好きなんだな笑
あなた
あなた
うんっ!フルーツのジューシーさと
あなた
あなた
クッキー生地のザクザク感がたまんないの……♡
シルク
まあ確かにうめぇよな
あなた
あなた
でしょ!そう思うでしょっ?
シルク
おう笑





店員)お待たせ致しました〜。ごゆっくりどうぞ〜










あなた
あなた
わぁ……美味しそう✨
シルク
先に食べな
あなた
あなた
いいよ!一緒に食べよ!
シルク
お、おう笑
あなた
あなた
いただきます
シルク
いただきます








パクッ

















あなた
あなた
美味しい〜♪
シルク
え、うんま
あなた
あなた
ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”
シルク
ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”
あなた
あなた
……






あなたが俺が食べてるタルトを見てくる










そんなに食べたいのか?








でもあなたの方残ってるし…












シルク
ど、どうした?
あなた
あなた
苺多くていいなぁ……(๑・﹃・`๑)
シルク
ほら、あーん
あなた
あなた
えっ!?いいよ……自分で食べるから///
シルク
いーから。ほれ
あなた
あなた
あー……パクッ
あなた
あなた
美味しいψ(๑'ڡ'๑)ψ
シルク
ふっ笑
あなた
あなた
な、なにさ〜!
シルク
可愛いなぁって‪w
あなた
あなた
可愛くないもん…


もう「もん」て言ってるとこから可愛いよ(((




























シルク
寒くなってきたな……大丈夫か?
あなた
あなた
うん、大丈夫だよっ!
シルク
寒かったら言えよ?
あなた
あなた
うん///







雪は昼頃より多めに降ってきた










雪を見上げるあなたは雪の白さに溶けてしまそう










すごく綺麗















シルク
イルミネーション見に行くか?
あなた
あなた
うんっ







イルミネーションの光が







ぱああっと流れるように灯される
















クリスマスツリーもキラキラ輝いていて















今までのデートより思い出に残るデート













すごく幸せだ













目を輝かせながら見るあなたに見惚れていると































Chu



















唇に柔らかいものが当たった















シルク
なっ…
あなた
あなた
えへへっ、ごめんね笑
あなた
あなた
ねぇシルク
シルク
ん?
あなた
あなた
これからもそばに居てくれる?








・・・




















シルク
もちろん









もちろんそばにいてやるよ




















あなたが卒業したとしても




















追いかけるから


















どんなに不可能であなたに危険が襲ったとしても





























































俺はあなたを守り続けるよ


















┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

















作者です!






変な終わり方かもしれませんがこれで最終回です!








また番外編も出すかもしれません…笑







見てくれた方にお願いです(できればでOKです)







この作品のコメントを書いていただきたいです!







本当に今まで見てくださりありがとうございました!







長文ごめんなさい💧