無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第76話

番外編 ドS😏







ある日の休日






















あなたがまた俺の家に遊びに来た















最近、会ってもいい?なんてLINEをくれる





















それにしても会う機会が減ったせいか






















あなたがよく甘えてくるようになった



















それだけ愛されてるってことだよな


























しばらくあなたが俺の部屋で寝ていて


















俺はLINE返していると











































あなた
あなた
ん〜…
シルク
あ、起きた?
あなた
あなた
う〜ん…
シルク
寝起きはちょっと不機嫌ですね‪w
あなた
あなた
敬語はやだぁ〜…









甘ったるい声で話すあなた





















普通の女子だとムカつくけど、やっぱ彼女なのか























全くイラつかねぇ((

















シルク
はいはい‪w






適当な返事をしてしつこく来るLINEの返信をする



















あなた
あなた
ねぇ〜……誰とLINEしてるの?
シルク
んー?友達
あなた
あなた
なんで〜…
シルク
なんでって返信来てるからだろ?
あなた
あなた
…今は私に集中してよ…







切なそうな目をして頬をプクッと膨らませる
















あーも、意地悪したくなんじゃねぇか


















シルク
んー?無理〜
あなた
あなた
お願いだからっ!
シルク
えーどうしよっかな
あなた
あなた
じゃあ、ちゅーして?










キスって言わないとこ、可愛すぎます(((



















あなた
あなた
それだけでいいから…
シルク
今キス出来ないから無理〜
あなた
あなた
な、なんでっ
シルク
スマホに集中してるからだよ
あなた
あなた
うぅ…
シルク
して欲しいならおねだりしないと
シルク
しないと男はOKしてくれねぇぞ?
あなた
あなた
んぅ……!
あなた
あなた
シルク……唇に甘いキスして?お願い…











あ、負けました。





















可愛いという罪に(((




















シルク
しょうがねぇな











あなたと俺は唇を重ねる















そんなにして欲しかったのかいつもより吸い付くようにしてくる



















次第には口の中に舌が入ってきて、とろけるような甘いキスで。























あなた
あなた
ぷはっ……♡
シルク
激しくしすぎだっつーの……
あなた
あなた
えへへ…シルクが悪いんだもん









また頬を膨らませるあなた



















もうそんな顔するから




















シルク
あなたも悪いけどな?
















































襲いたくなるんだ