無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第83話

番外編 プロポーズ💐








数年後

























あれからあなたは20歳になって















俺は19になった















全体的に見て早いかもしれないけれど
















俺はあなたとずっと一緒にいたい















結婚したい















奥さんにしたい















そう思えたんだ
















だからプロポーズしようと思う


















せっかくだし、早いかもしれないけれど
















結婚式場でプロポーズしたい















だから色々考えないとな…















よし。だほに頼もう






















LINE
















シルク
だほ〜
ンダホ
んー?
シルク
頼みがある
ンダホ
何?
シルク
あのさ、あなたに似合うドレスを着せて
シルク
○○市の結婚式場に連れてきて欲しい
ンダホ
は!?え!?何言ってんの!?
ンダホ
無理やりってこと?
シルク
まぁ……そういう事かな
ンダホ
いやがるに決まってんでしょ!
シルク
頼むよ!!
ンダホ
結婚式場ってことは……プロポーズするの?
シルク
おう。もう指輪も用意した←はやすぎな。
ンダホ
でもなんでわざわざドレスまで着させて結婚式で出しなきゃ行けないの?
シルク
もしOKしてくれた時結婚式の時に緊張するだろ?
シルク
それにはやくドレス姿がみたい
ンダホ
ん〜……わかった
ンダホ
頑張ってみる
シルク
ありがと。いつか沢山奢ってやるから
ンダホ
ほんと!?
シルク
おう
ンダホ
わーい!!!
ンダホ
覚えておいてね?( ≖ᴗ≖​)
シルク
わかったって‪w‪w‪w
シルク
じゃ、頼むぞ〜
ンダホ
はーい

















































































よし、プロポーズ計画、実行開始だ