第5話

#4
1,369
2022/03/22 06:47
前回のあらすじ~
なんか色々あって個性把握テストするらしい
???
あなたの名字さんの個性は確か水操作…このテストにおいて使えそうな場面はなさそうに思えるが、、、どのように出るんだろう
なんか分析されてね?
まぁいいけどさ、マネなんて誰にもできやしないしね、私昔から頑張ったし、
あ、一応相澤せんせーに術式使用の許可もらわないと、
あなた
せんせー!一応確認なんですけど術式の使用もいいですよね?!個性みたいなもんですし、
相澤消太
ああ、こちらとしてもそうしてもらえるとありがたい、その方が護衛を任せやすいからな。
あなた
りょーかいっす!
これで遠慮なく本気だせるね!
あなた
ねぇ、ディー
ウンディーネ
なぁに?
あなた
またみんなにおねがいしてもらってもいいかな、
ウンディーネ
言われなくともみんな協力してくれるよ!
あなた
ありがと、
ウンディーネ
どいたまして!
よし、ディーと他の子たちにも協力をお願いしてもらったし
あなた
準備OKです!
相澤消太
そうか、ならまずは50mそu((
あなた
それは最後でお願いしたい!
相澤消太
?別に構わんが、
あなた
あざっす!
あれ、私こんなキャラだっけ、
相澤消太
じゃあ、握力だな
???
握力での個性の使用は考えられない、しかし特待生なだけあってまさかのどんでん返しが?いや僕の考えすぎか?
いや分析しすぎやて、
???
またデクくん分析しとるね、
また?ってことはいつもの事なのか、なるほど
これは極度の個性オタクに違いない
にしても個性にこんなに興味を持つなんて珍しいな、
ここにいる人からすれば当然に必ず自分にあるって感覚のはずなんだけど、
…考えすぎか?ま、いっか、
あなた
んじゃやります、
あなた
ディー、シルフ、お願いね、
シルフは空気(風)の精霊で、私には姿形、声は聞こえないけど善意で力を貸してくれる。
精霊による力は本来、彼らに任せっきりだが、互いに信頼しあっている場合はその力を相手に貸す事ができる。
私にはずっとこの子たちしかいなかったし、この子達も私しかいなかったから信頼ならもうとっくにしているし、もう家族以上だよね、
ウンディーネ
りょーかい!
バキッ
あなた
あ、
1-A
え?
あなた
すんません、壊しちゃいました、
1-A
ええええええええええええ?!!!!
相澤消太
測定不能か、
久しぶりすぎて力の加減忘れちゃったのと、シルフがさらに力を増してるなぁこりゃ
だって実際私だけの握力は80あるかないかぐらいだし、
???
ゴリラかよッッ
???
いやゴリラ以上だろ!
お?お?今の2人顔覚えたからな?
あなた
はぁ、
あなた
ごめん、ディー直せる?
ウンディーネ
もちろん!
シュッ
1-A
直ったぁぁぁぁぁぁあ?!!
え、そんな驚く?
五条先生なら
五条先生
めっちゃイカれてるなw
で終わりだったのに、
ちなみにどーやったかというと、
握るところの間?にある空間をディーとシルフに真空状態にしてもらったってだけ、
後直せたのはあれは乾燥のしすぎによる風化?だったからディーの力を貸してもらってピッタリの水分量を足せばなんとかなるって話
って言ってもかなりの調整が必要だけどそこはもう勘だよね!((ふざけんな





next→❤️×17
うん、握力テストだけで結構文字数使ってて草
内容少なくてすみまへん、
ってあの機械壊すのヤバない?
障子君の540kgでも壊れなかったのに、
ってか全然よゆーだったよね、
もうゴジラも超えてるかm((殴
すんませんしたッッ

プリ小説オーディオドラマ