無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,262
2020/11/25

第10話

10話 きょーさん!
スノードロップ
スノードロップ
いやぁ
レウクラウド
ダメだよーしっかり飲んでね
(目の前で腕を切った)
スノードロップ
スノードロップ
ヒッ
レウクラウド
はい、口開けて
スノードロップ
スノードロップ
ヤッ
その瞬間目の前でレウさんが、吹っ飛んだ
スノードロップ
スノードロップ
ふぇ?
金豚きょー
スノー!逃げるぞ!
スノードロップ
スノードロップ
きょーさん!?
《きょーさん!》
《イケメンきょーさん!》
《なんだそれ、惚れるわ、》
《↑元々惚れてるだろ☆》
《↑そうだったわ☆》
《↑何だこの会話》
レウクラウド
いったいなぁ
金豚きょー
やっぱりこいつ、もうダメだ、
金豚きょー
結構の威力で殴ったんだけどなぁ
金豚きょー
逃げるぞ!
スノードロップ
スノードロップ
えっ!うん!
ダッ
レウクラウド
ガチャ!ドシン
金豚きょー
どりみー
緑色
どうしたの?
金豚きょー
スノー連れてきた
緑色
スノーは青鬼になってなかったんだ、よかった
スノードロップ
スノードロップ
青鬼?
金豚きょー
あいつが飲ませてこようとしたのは青鬼の血だ
金豚きょー
あれを飲むと青鬼になるから飲むなよ
スノードロップ
スノードロップ
え"わかった
緑色
てか、きょーさん怪我してる、薬塗るから手貸して
金豚きょー
おん、ありがとう
金豚きょー
ッツ
スノードロップ
スノードロップ
?やっぱり染みるの?
金豚きょー
違う、こいつも青鬼や!
スノードロップ
スノードロップ
ふえ?
金豚きょー
青鬼後を傷薬に混ぜてる
スノードロップ
スノードロップ
金豚きょー
逃げろ!
緑色
逃がすと思う?
(壁ドン)
緑色
スノーもさっき怪我してたよね、傷口に塗ってあげるから
スノードロップ
スノードロップ
いぃ、
金豚きょー
おりゃ!
緑色
いっ!
金豚きょー
逃げろ!スノー!
スノードロップ
スノードロップ
えっ、あっ、分かった!
ダッ
二階
スノードロップ
スノードロップ
あっ!
コンタミ
あ!スノー!
コンタミ
ちょうどいい所に
スノードロップ
スノードロップ
?どうしたの?
コンタミ
これあげる
スノードロップ
スノードロップ
なにこれ
コンタミ
スノードロップ
スノードロップ
……
「ありがとう!」
スノードロップ
スノードロップ
ゲームの中のわたしぃいい
スノードロップ
スノードロップ
危機感持てや!
《ww》
《スノーはいつも元気ですw》
《これはひどいw》
スノードロップ
スノードロップ
ごくごく
スノードロップ
スノードロップ
うっ、
吐いた
スノードロップ
スノードロップ
ゲホゲホ、ヴォエ
スノードロップ
スノードロップ
なにこれ
コンタミ
あれ?吐いちゃった、まぁいいや、予備あるし
かーべどん!
スノードロップ
スノードロップ
うっ、
コンタミ
これ飲んで、
スノードロップ
スノードロップ
いや、
コンタミ
だめだよー飲まなくちゃ
スノードロップ
スノードロップ
いゃ、
コンタミ
好き嫌いはダメだよー
スノードロップ
スノードロップ
ゔぅ
(諦めて飲もうかな)
レウクラウド
コンちゃん、どいて
コンタミ
えっ
(目の前でコンちゃんは吹っ飛びました!)
レウクラウド
ねぇ?スノーなんでコンちゃんのは飲もうとしたの?俺のは1ミリも飲もうとしてくれなかったのに
スノードロップ
スノードロップ
え?それは、、、、
コンタミ
それはレウさんが振られたってことじゃない?w
レウクラウド
は?
スノードロップ
スノードロップ
レ、レウさん
レウクラウド
?答えてくれるの!?
スノードロップ
スノードロップ
ごめん!
レウさんに頭突き
レウクラウド
いっ!
スノードロップ
スノードロップ
おりゃ!
パリン!(コンちゃんの持っていた血のポーションを割る)
コンタミ
あぁ!
ダッ
スノードロップ
スノードロップ
すまんの!逃げるわ!
スノードロップ
スノードロップ
あとレウさん!包帯巻なおしてね!取れかけてたよ!
レウクラウド
!、ありがとう!好きだわ!
スノードロップ
スノードロップ
そりゃどーも!
《愛の告白たァ!》
《ひゅー!》
《レウスノいいかも!》
《スノー姉さんかっけえー!》
コンタミ
俺は?
コンタミ
え?レウさん俺は?
レウクラウド
、、、、どんまい