無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

550
2020/04/03

第3話

第2話*


ー 1週間後 ー

あなた
あなた
.........ンンッ..........
あなたの母
あなたの母
.........あなた?あなた?!
あなた
あなた
........ンッ.....おか....あさん


あなたは倒れてから1週間も眠っていたのだった。

あなたの母
あなたの母
先生呼んでくるわね


しばらくして母とその後ろから男の人が部屋に入ってくる。

登坂先生
登坂先生
良かった、目を覚ましてくれて
登坂先生
登坂先生
きみの担当医の登坂です。
登坂先生
登坂先生
ここ病院だけど分かるかな?
あなた
あなた
病院?
登坂先生
登坂先生
きみは1週間も前に
ショッピングモールで倒れて
ここに運ばれてきたんだ。
あなた
あなた
私1週間も眠ってたの?
あなたの母
あなたの母
そーよ
あなた
あなた
そ、そっか.....
あなたの母
あなたの母
なかなか起きないから心配したわよ
あなた
あなた
ごめんなさい.....
あなたの母
あなたの母
うぅ〜ん、いーのよ。親なんだから
子供の心配するのは当たり前でしょ?
あなたの母
あなたの母
登坂先生もね、お忙しい中
毎日あなたのこと見にきてくださってたのよ
あなた
あなた
..........ありがとうございます
登坂先生
登坂先生
まだしばらくは入院だから
あまり無理はしないように!
あなた
あなた
はい......
登坂先生
登坂先生
あ、ちょっとお話しよろしいですか?
あなたの母
あなたの母
はい
あなたの母
あなたの母
じゃ、ちょっとお母さん
登坂先生とお話ししてくるから
大人しくしてるのよ


2人は部屋から出ていき、あなたは1人なった。