無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第102話

ひ ゃ く い ち ☺︎




風雅「…何?」




あなたの家のドアの前には、


拓哉が立っていた。




あなたをおぶる俺を見て、

目つきが変わった。


拓哉「…付き合ってるん」
風雅「待ち伏せしとったん」

あなた寝ててよかった、

なんて思いながら、俺はドアを開けた。


拓哉「待って」
風雅「もう諦めたほうがいいんちゃう」



そう言って、

俺は家に入った。


その瞬間、ぎゅっと、

あなたの腕に力が入った。


風雅「起きてたん?」
あなた「起きちゃった、」
風雅「大丈夫?」
あなた「風雅いるから、」
風雅「うん、ならよかった。降ろすで、」

あなたは降りると、

後ろから、俺にぎゅっと抱きついた。




あなた「っ…グズッ、」


大丈夫ちゃうやん、

ぜんぜん。





風雅「ごめんな」
あなた「風雅は何も悪ない、グズッ、」
風雅「…中入ろ?風呂入って、ゆっくりしようや。」
あなた「うん、やね…」



あなたの腕が、

するっと解けた。




どうしてあげるのがいいんか、

俺にはよく、わからんかった。






____________________________________________________



あなた「風雅、」
風雅「ん?」
あなた「…また、遊びに行きたい」


" また "


が無いと不安で、

わたしは思わずそんなことを言った。




隣で横になっている風雅は、


目を開け、

わたしをぎゅっと抱き寄せた。



風雅「俺も。…会いに行けるとき、行くから。」
あなた「ほんま、?」
風雅「うん、暇やし」
あなた「ひまちゃうやろ、笑」
風雅「学校あんま行ってないねん」

え、?

そうやったんや…




あなた「…わたしも」
風雅「そうなん?」
あなた「行けてないねん、まったく、」



風雅は、

そっと、わたしの頭を撫でた。






風雅「辛かったな。」
あなた「でも、今は幸せやで」
風雅「俺も。」
あなた「今日、ほんまに楽しかった」
風雅「何回目?笑」
あなた「だって…こんな楽しいの久しぶりやってんもん、」
風雅「もっと楽しいこといっぱいしよな」
あなた「する。」




わたしは、


風雅の頬をそっとさわった。





風雅「ん?」
あなた「かわいい」
風雅「かわいいは嫌や」
あなた「え~、」
風雅「次どこ行こか」
あなた「海、…夏のうちに、行きたいな。」
風雅「ええやん。」
あなた「なんか無いんかな、穴場的な。」
風雅「気にせんでいいよ、家族連ればっかやろ。」



そう、

なんかな。




風雅「ちょっと待ってな」





風雅はスマホを手に取り、

カレンダーを確認した。





風雅「次の休みちょうど1週間後やわ。空いてる?」
あなた「うんっ、いつでも。」
風雅「じゃあそこな。」
あなた「うんっ、めっちゃ楽しみ。」
風雅「また今度いろいろ決めよな。」



その日まで、

会えへん。


そう思ったら、ちょっと胸が、ぎゅっとなった。





風雅「なあ、」
あなた「ん?」
風雅「お母さん忙しいん?」
あなた「うん、なんか、もともと出張多いねんけど、最近特に多くて。」
風雅「そっか、」
あなた「あと、来週から海外やねんて、1週間。」
風雅「え、1週間?」
あなた「うん、」
風雅「寂しくなったら連絡して。いつでも行く。」
あなた「うん、ありがと。…ん、」




あくびをグッと堪えると、

じわっと涙が浮かんだ。



風雅「我慢せんでいいのに笑 …寝よか。」
あなた「うん、」
風雅「おやすみ。」
あなた「おやすみ。」



毎晩泣いてたんが、

嘘みたい。



今は何も、悲しくない。
     




あなた「風雅、」
風雅「ん?」
あなた「ありがと。」




わたしを抱きしめる腕に、

少し、力が入った。



なぜか、じわっと涙が浮かんだ。


なんでやろ、

幸せすぎて、かな。