無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第103話

ひ ゃ く に ☺︎



「短くなったね~!」
あなた「変やないですか、?」
「めちゃくちゃかわいい。」
あなた「ほんまですか、?」
「ほんまに!笑 見慣れへんだけ。大丈夫。」




約束の日の前日。



わたしは、

髪をばっさり切った。



いつだか、風雅がボブが好きって、

言ってたのを思い出して。





…ばかかなわたし、


付き合ってるわけでもないのに、







何て思いながら、

帰り道をだらだら歩いた。






家に着いて、



ドアに鍵をさしたときだった。





隣から、がちゃっと音がした。





拓哉「っ、!あなた?」

わたしは顔を伏せ、


家に入ろうとした。



でも、







拓哉「待って!」


閉めようとしたドアはグッと開き、



ぎゅっと、

後ろから抱きしめられた。





あなた「やめてって、…言ったやん」
拓哉「離さんといてって言ったんも、そっちやで。」
あなた「っ…」
拓哉「もう嫌い?俺のこと。」
あなた「…離して、」
拓哉「嫌や。ちゃんと話してよ。」
あなた「もう、嫌やねん。…しんどくなっちゃったし、疲れた。それだけ。」
拓哉「…風雅と、付き合ってるん」



え、?


拓哉「この前朝から一緒におったやろ」
あなた「っ、…関係ないやろ、」
拓哉「泊めたん、」
あなた「なんで言わなあかんの」


拓哉「その髪も、風雅のため?」


あなた「っ、」




わたしは腕を振り払い、


玄関のドアを開けた。







あなた「出てって、」




そんな、

泣きそうな目せんといてよ。




わたしやって、

こんなこと言いたくないのに。


拓哉「ごめん、でも、諦めへんから。」


たくはそう言って、

外に出ていった。




力が抜けて、

わたしはその場に座り込んだ。






そして、

バックからスマホを取り出した。






電話、出るかな…









風雅 " もしもし? "
あなた「っ、…今、大丈夫?」
風雅 " 大丈夫やで。なんかあった? "
あなた「会いたい、」
風雅 " 今どこ? "
あなた「家、」
風雅 " 行くわ。待ってて。 "
あなた「ほんまに、?」
風雅 " ほんまに。"
あなた「ありがとう…」




明日会うのに、

迷惑やったかな、


そう思ったけど、




今はひとりでいたくなかった。



わたしこんなにわがままやったかな?