無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

91
2021/07/11

第4話

3




飲んで私もmomoも結構酔ったので、近くのビジネスホテルに泊まることにした。





momo
momo
やっぱり、あなたと居ると楽しい!!
ずっと一緒に居たいなー!!
なんなら、私があなたと結婚したいぐらい笑
(なまえ)
あなた
私もーーー!!
momoとずっと一緒に居たい!!




歩道をフラフラ歩いてたら、車にクラクションを鳴らされた





何?と思って見ると、momoの彼氏だった





最寄り駅まで乗せて貰うことになった





私は、最寄り駅で降りて


momoは、そのまま彼氏のお家へ…





仲良しな2人と別れて、家の方向に向かおうとしたけど、帰る気になれなくて…





駅前の行きつけのBARに行くことにした







いつもの席に座り、いつものお酒を注文した






1人になると考えてしまう…





私、このままで良いのかな?






大きな溜め息をついた…





ふと、隣の席に目をやると…









え!?







相手もこちらを見て、びっくりしてる…








(なまえ)
あなた
あ…
________
________
あ…
(なまえ)
あなた
じゅ………(なんだっけ?)
樹
ジュリね?
(なまえ)
あなた
そう!!ジュリ!!
樹
いきなり、呼び捨てじゃん
(なまえ)
あなた
ごめんなさい…あ、あの昼間は、ありがとうございました。
樹
え?あーいいよいいよ。そんな大したことしてないし

また1人?
(なまえ)
あなた
またって…まぁー1人ですけど…
樹
友達は?
(なまえ)
あなた
デートに行っちゃいました
樹
あー俺と一緒だわ。
(なまえ)
あなた
ジュリさんもなんですねー
樹
あージュリでいいよ
あ、名前聞いても大丈夫?
(なまえ)
あなた
あ!!ごめんなさい。
あなたです。
樹
あなたって、呼んでもいい?
(なまえ)
あなた
はい…
樹
ラフに話そ?
(なまえ)
あなた
あ、うん。
樹
フフフ
(なまえ)
あなた
え?何?
樹
何も無いよ?あ、飲も?カンパイ
(なまえ)
あなた
カンパイ🥂





どれくらい話したのかもわからない…




気付けば、閉店時間を迎えようとしてた





(なまえ)
あなた
やばっ…
樹
もうこんな時間なの!?
(なまえ)
あなた
帰ろっか…
樹
送るよ
(なまえ)
あなた
え?でも…悪いし…
樹
めちゃくちゃフラフラしてるよ?




昼も飲んで、夜も結構飲んじゃったから、もうフラフラだった





(なまえ)
あなた
じゃーお言葉に甘えて…






そう言うと、ジュリくんは、ニコッと笑って
手を出してくれた





びっくりしたけど、気付いたら私の手は、ジュリくんの手を握ってた