無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

74
2021/07/15

第16話

15





樹と過ごし始めて、3週間…







あと、1週間で私は、樹と離れなきゃいけない








なのに…




樹と一緒に居たい





その気持ちが、止められない







日に日に、樹と一緒に居たいという気持ちが増していくのが自分でもわかる






あと、1週間…







1週間だけでいいから、樹と居たい










でも、引越しの準備をしなくちゃならないから、最後の1週間は、樹の家に毎日通うことを決めた






引越しのダンボールを隠す場所なんて無いし









樹の帰りを待っていたら、彼から連絡が来た






1週間後の19時30分着の飛行機で、日本に戻ると…







楽しみーなんて、返信している自分に嫌気を感じた








冷蔵庫を開けて、ビールを取り出して開けた…







少しすると、樹が帰って来た







樹
ただいまー
って、もう飲んでんの?
(なまえ)
あなた
今日、めっちゃ暑くない?
冷えたビール見たら、気付いたら開けてた笑
樹
えぇー!!ずりぃー俺も飲もー





2人でビール飲んで、全然映えない私が作った料理を一緒に食べて






笑って、キスしてSEXして…






抱き合って眠る…




毎日…毎日…





そんな日々を続けていたけど





残り3日を切ると、なかなか眠れなくなった






夜中に目が覚めて、樹の元から抜け出して、夜風に当たったり







ベッドに戻り、樹の顔を見たり…







樹との日々を、目にも身体にも刻んだ…