無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

78
2021/07/12

第11話

10






駅前のロータリーに車を停めた







(なまえ)
あなた
着いちゃった…
樹
ねぇ…





樹の顔が近付いて来て、キスした








樹
なんか…あなたって、ほっとけないよね?
(なまえ)
あなた
じゅ…り…?
樹
やっぱり…もうちょっと一緒にいよっか?
(なまえ)
あなた
うん…






きっと、私はこの言葉を待ってたんだ…






なんだか、樹の言葉にホッとして





涙がこぼれた…









樹
どーした?
あ、ごめん。
俺…我儘だよね?
(なまえ)
あなた
違う…
樹
え?
(なまえ)
あなた
もうちょっと…一緒に居たい…
樹
じゃー俺ん家行こっか?





樹と運転を変わり、樹が住むマンションに向かった







樹
入って
(なまえ)
あなた
おじゃま…します…



樹の家は、片付いてて綺麗だった






(なまえ)
あなた
筋トレするの?
樹
あーうん。時々ね?
(なまえ)
あなた
ふーん…
樹
ぜってぇ嘘だと思ったでしょ?
(なまえ)
あなた
うん
樹
マジで、筋トレしてるからね?
(なまえ)
あなた
へぇー
樹
信じてないよね?
(なまえ)
あなた
信じてる!多分
樹
信じてないじゃん…



樹の部屋には、なぜか筋トレグッズが並んでた






樹
あ、適当に座りな
(なまえ)
あなた
ありがと



ソファーに座った





樹
はい。ビールでいい?
(なまえ)
あなた
あ、でも…
樹
泊まってくでしょ?
(なまえ)
あなた
え?


樹は、缶ビールを開けてくれた
樹
はい。
(なまえ)
あなた
ありがと
樹
おつかれー
(なまえ)
あなた
お疲れ様…
ビールをひと口飲んだ…
樹
もう帰れないからね?
(なまえ)
あなた
ずるい…
樹
俺と一緒に居たいんでしょ?
(なまえ)
あなた
そうだけど…
樹
じゃーいいじゃん






樹と居れば、余計なことを考えずに済む






そんな気がした









樹
明日、仕事何時に出るの?
(なまえ)
あなた
着替えなきゃだから、8時には出たいかも
樹
わかった。
あ、風呂溜めて来るわ
(なまえ)
あなた
シャワーでいいよ?
樹
じゃー入って来ていいよ?
(なまえ)
あなた
お言葉に甘えて…




先にシャワーを浴びて、髪をバスタオルで拭きながら出た





その後、樹もシャワーへ…






私は、まだバスタオルで髪を拭きながら、ソファーでテレビを見ながらうとうとしていた





気付けば、誰かに髪を優しく触られていて…




それが、とても心地よかった…






そして、唇に柔らかい感触







うとうとしてたはずなのに






私は、その唇を求めてた