無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

103
2021/07/11

第2話

1



このまま、好きな人に抱かれずに終わるのかな?



仕方なく結婚して…



仕方なく子供産んで…



仕方なく育てて…



仕方なく…





考えるだけで、息がつまりそう…





26歳になる来年、先日お見合いした相手との結婚が決まってしまった…






(なまえ)
あなた
もうやだー
momo
momo
何が!?
(なまえ)
あなた
結婚したくない…
momo
momo
は?何言ってんの?
来月彼が、海外から戻って来るんでしょ?
(なまえ)
あなた
そう…なんだけど…
momo
momo
居ないよ?27歳で、年収1,000万で長身イケメン!!
しかも、あなたのことめちゃくちゃ愛してくれて…
(なまえ)
あなた
そうだよね。ほんとなら、去年結婚してたはずだったし…
そう、ほんとは去年結婚するはずだった



3年前に、突然お見合いの話があって、特に彼氏も居なかったのと、ノリで受けたお見合い話…



ほんとに、興味本意だった





彼とお見合いし、翌月から交際を始めた





ほんとに、仕事も出来てエスコートもちゃんとしてくれる



文句を言うとしたら、ちょっと夜が淡白なところぐらい笑





それ以外は、ほんとに私のことを考えてくれて、一緒に居て楽しいし、ホッとした。







でも、人間って無いものねだりなんだよね






きっと。




友達のmomoが、好きな人とやっとの思いで付き合って、毎日ドキドキしたりキュンキュンしてるのを見て、自分が嫌になった。




結婚の話をどんどん進めて行こうとする彼に、待ってと声をかけた





私のことを愛してくれてるのは、十分伝わるし



それは、今も変わらない。





だから、半年前のクリスマスに再度プロポーズされた時に、はい。と返事した。






結婚すると決めたのも自分…





なのに…





どうしてこんな気持ちになっちゃうんだろ