無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

155
2021/02/22

第3話

2
五条家


五条悟「オヤジ!親父おい」


五条父「なんだ騒がしい」


五条悟「俺あのー〜」


五条父「なんだ言ってみぃ」


五条悟「お願いがある白い髪で赤いリボンの
    女の子と会いたい」


悟はただ混乱した頭でその子の特徴を
言った


五条父「ナッなっぜおまえがその子のを
    知っとるんだ…⁈


なんだか少し怯えるように聞いた



五条悟「それは、、、みっ見たんだよ!」


その反応を見てから慌てて答えた


五条父「その子は天海あなたという女の子だ
    お前はその子の許夫なんだ」


五条悟「ハッはぁ?」


五条父「お前許嫁がいるから会いにきてもらう
    と言ったら絶対嫌とか言って
    逃げ出すから諦めてもらったんだ…」


五条悟「はぁ?まだ意味わかんねぇー」


ものすごく2人とも混乱しているようだ


五条悟「てかなんでそもそもただの市民が  
    許嫁なんだよ」


五条父「あの子はただの市民なんかじゃない!
    お前に並ぶ術式があるんだ!!」


五条悟「エッアッはぁ?」


さっきからこれしかでてこない、、
でもあの子の虐待がなくなるかもしれない


五条悟「頼む親父その子と会わせてくれ」


五条父「急にその子のことを話し始めたら
    これか!お前はどうなってるんだ!」


五条父「まぁいい連絡しておくまた明日
    この部屋に来い」


五条悟「おう親父頼んだ」


(あの子が許嫁なら写真くらい見せろよ)
(あってまず結婚させてもらってその子の体
 しょうこに診てもらわないとだ)