無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

第一幕
42
2018/11/20 14:43
平凡よりも少し地味な人生を送ってきた。
周りは皆キラキラしてて。
私だけ置いていかれてた。

そんな生活も今日でおしまいかもしれない。
なんてったって、今この瞬間手がまばゆい光を出しはじめているんだから。むしろリアクションが薄いくらいなのでは?
うわぁぁぁ
待てよ、このまま光ってたら家に帰れないんじゃ……
お腹すいたなぁ。
どうしよ
とか焦っている間に光は消え去った。
何か変わったかなあ?
思わず声に出して言ってみる。


この時、私はまだ知らなかったのである。
自分に引っ付いた能力がどんなものなのかを。