無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第二幕
33
2018/11/21 06:42
キンコンカンコン

うちの学校のチャイムはいうなれば不気味である。不協和音だし、一音一音ブチッと切っていくスタイル。斬新。
パタパタッ

遅刻ギリギリの上靴の音が廊下を走る。
不思議なことに、昨日から何も起こって無い。
能力を手に入れても平凡以下は平凡以下だったということか。
昨日は疲れていたんだろうか。
どちらにしろ早く忘れたそうが良さそうである。
自分じゃコントロール出来ないだけかも。
条件を満たさないと発動しないとか?
誰にともなく呟く