無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

第六幕
21
2018/11/21 06:30
闇の帝王
フフフ。
また馬鹿なやつが来たぞ。
今度はどう料理しようか。




結構歩いた。
もうそろそろ着いても良いよね。
目的地っぽいのは見えてるんだけど?




2時間後…………
何か色々あったけど着いてよかったぁー!
てか、闇の帝王どこにいるんだろ?
サッサとやって帰りたい……
闇の帝王
よくぞ来たな。
っているじゃん!
何かサイズ感がイメージしてたのと違う……
弱そうだし。
ここは一発倒しとけばいいよね。
闇の帝王
我を倒しに来たのだろう?
かかってくるがよい。
じゃあ遠慮なく
また私の手から光があふれる。
それはまっすぐに帝王にあたり、
闇の帝王
グッ
ガァァァァァァァァ!
帝王は灰となった。
と、その帝王の灰からでてきた紫の煙が周りを囲い始める。


煙が、体に入ってくる。侵食されていく。
グッ…
オエッ