無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

第三幕
28
2018/11/21 05:38
この世界の住民は、必ず能力を持って生まれて来るようになっている。
この仕組みがどんなものなのか。
それを研究してしまったら最後、ヒトではなくなるらしい。
迷信だけど。
で、その世界で私は突然変異体。
これまでの歴史の中で唯一生まれてくる時何も持っていなかった。
だから、昨日手が光ってもなんとも思わなかったというわけ。
大器晩成型なんだよ。私は。
能力が無いなんて有り得ないもんね。
その時、ただなんとなく右手が勝手に前へと伸びるのを私は止めることが出来なかった。
クソッ
体が言うこと聞かないなんてどこの厨ニだよっ…!
そうこうしてるうちに、右の手のひらは空を向いた。