無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

写真で妄想
この顔はですね、




あなたちゃんが自分へのご褒美で買っておいたプリンをじみんさんが食べちゃって、その時にちょうど学校から帰ってきたあなたちゃんと目があった時の顔ですね。





じみんさん心の中で



🐤(あ、やべ、、)



って思ってる。 そしてあなたちゃんは真顔で、





🌻『おっぱそのプリン、なんのやつ?』




と、あきらかに怒っている声のトーンで聞いてきます。





🐤「あ、いや、その、、、」





🌻『もしかして、冷蔵庫にあったやつ?』





🐤「あ、えっと、、、美味しそうだったから、、つい、」



って、目をそらしながら言うと

バンッ





🐤「ッビク」






あなたちゃんがテーブル叩いて、





🌻『期間限定のやつだったのに!!おっぱのばか!!』





って、ぷりぷり怒りながら自分の部屋に行っちゃうのでじみんさんは、急いであなたを追いかけます。




🐤「あなたごめんね、食べちゃって、今度美味しいプリン買ってくるから!」




、、、、



🌻『、、ほんと?』





🐤「うん約束するから、だから許して」






🌻『、、、約束だよ?』





🐤「うん、約束」




🌻『、、、いいよ。』







こうして許してもらい後日、結構お高めの人気プリンをあなたちゃんに買ってあげましたとさ。












NEXT→