無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

写真で妄想
この顔はですね、





授業中にもかかわらず、窓から外で体育の授業をしてる彼女(あなた)ちゃんをを眺めていて、ふと目が合った時にあなたちゃんが手を振りながら、





🌻『おっぱ〜』





って口パクで言っているのを見た時の顔。




授業中だから、ニヤケをがまんしてるつもしだけど、全然我慢できてない。





下校の時間になって一緒に帰ってる時に





🌻『おっぱ5時間目の時手振ったの見えてた?』






🐭「見えたよ、すごい笑顔で振ってたなㅎㅎ」






🌻『だっておっぱあの時まで全然気づいてくれなかったんだもん』





🐭「へぇー、てことは俺が気づく前も俺の事ずっと見てたんだなㅎ」





なんて少しSな感じで言ってくるから、あなたちゃん、恥ずかしくて赤くしながら




🌻『そ、そうだよっ///』






って言っちゃう。





🐭「可愛いやつㅎ」






って言って笑ってますけど、内心





🐭(やっば〜///)




とか思ってます。



ゆんぎさん、あなたも可愛いです。










NEXT→