無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

写真で妄想
この顔はですね、


あなたちゃんが、お友達と出かけちゃって


1人でお留守番してるときに


寂しくなっちゃって


🐴「ぬなまだかな、、」


って、帰りを待ってるときの顔。



なかなか帰って来なくて、だんだん心配になってくる。


電話しようか迷うけど、お友達との楽しい時間を邪魔したくないから


電話はしないで


🐴「📱ぬな、いつ帰ってくる?」


って、メッセージ送るタイプ



🌻『📱もう少ししたら帰るよ』



って、返信が来ると



🐴「もう少しってどのくらい?」



って考えてソワソワする



2時間くらいたって、



🌻『ただいま〜』


と玄関から声がすると



🐴「帰ってきた!」


って、玄関まで迎えに行く


🐴「今日どうだった?楽しかった?」



🌻『うん、楽しかったよ』




それから今日のことをたくさん聞いて、




🐴「こんどは僕とも出掛けようね?」




って約束する。





私、ぬなっ子のほそくさんは、まじ吐血するくらい好きなんですよね。










宣伝します。


私の初めて書く、短編じゃない作品です!


読んでくださったら、嬉しいです*°





NEXT→