無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第17話

写真で妄想




この顔はですね、



夜ご飯をあなたちゃんが作ってる時に、



後ろから抱きついて





🐣「えへへ//ぬな大好き〜♡」





って甘えてたら





🌻『ほら、火使ってて危ないからあっち行ってて』




って言われて



🐣「ぬなに甘えたかっただけなのに、、」




って拗ねてる時の顔。







あなたちゃんがご飯作り終わるまでずっと




あの顔でリビングからぬなのことを見てる。




🌻『はい、できたよ〜』




ってあなたちゃんが料理もってリビングに来たら




🐣「ぬな!」




って抱きつきます。





🌻『ちょいちょい、今ご飯持ってるから待って』




🐣「もうたくさん待った!だから甘えていいでしょ!」




🌻『わかった、わかったから!置かせて』



あなたちゃんがご飯を置いて




🌻『ほら、おいで』




って、手を広げて言うと




🐣「んふふㅎぬなやっぱり大好き♡」




ってじみんちゃんはご飯が冷めるのも関係なしに



イチャイチャタイムに入ります。






  









next→