無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

写真で妄想
この顔はですね、



あなたちゃんが遠くの方でほかのなむじゃと楽しそうに話しているのを目撃して、




🐴「そんなに楽しいんだ〜なむじゃと話すのが、、」



と思っている時の顔。




帰りの時に、



🐴「さっき、なむじゃと何話してたの?すごい楽しそうだったけど」



と少し低めのトーンで聞いてきます。




🌻『委員会が同じになって少し話してたの、楽しくてつい盛り上がっちゃったの、』




🐴「ふーん、、」




なんかいつものテンションじゃないことに気づいたあなたちゃんは、寂しかったのかと思って




🌻『お、おっぱ?ごめんね、、今度からあんまり話さないようにするから、』




って謝ります。すると急に立ち止まって





🐴「あんまり僕を嫉妬させないでね」




って言われたので、




🌻『、、?』




となるけど、




🐴「あ、あなた!新しくクレープ屋さんが近くにできたらしいから、今から行こ!」




といつものテンションに戻っていたので





🌻『う、うん!!』





と気になりつつも、いつもの通りにするあなたでした。









Sっ気ほびちゃんも好きです。←








NEXT→