第19話

431
2020/03/06 14:27

翌日


空港には昼に行く予定なので朝から全部の荷物をまとめた

真ちゃんとLAに行く前に選んだキャリーバッグがちょうど良い大きさで

荷物もすぐにまとめれた



荷物もまとめ終わって少しぼーっとしていると、

△△さん(同じ與スタッフ)からLINEが入った



ピコンッ
  


【LINE】
   荷物がまとめ終わったらロビーに来てねー




とっくに荷物はまとめ終わっていたのですぐに出る準備をした


もう2週間経ったのか…と寂しい気持ちになりながらも部屋を出た

△「お、はやかったね笑」

『はい、もう荷物はまとめてたので笑』

與「お、あなたちゃん早いなぁ、俺より早いやんかぁ笑」

『ふふっ、與さんも早いですよ笑』

と話しているうちにteamあたえスタッフはそろっていた

△「では空港に向かって、日本へ帰りたいと思います!」

『はぁい、』

與「ん?あなたちゃん寂しいん?笑」

『べ、別にそんなのじゃないもん…』

與「嘘ばっかり、素直やないなぁ笑」

『ただ、…楽しかったなぁって、笑』

與「そっか、初LA、初海外やもんな?笑」

『うん、、、ってちょっとバカにした?笑』

與「してへんよぉ〜?笑」

『うわぁ、もぅーむかつくー』

與「あぁ、ごめんやって、そんな怒らんといてや?」

『怒ってへんし!笑』

與「なんや、その関西弁かわいすぎやろ…笑」






△「あなたさん、真司郎くん、ちょっといいかなー?」

與「はぃ、」『あ、はーい』

△「飛行機の座席なんだけどさ、他のスタッフは散らばってるんだけど、」

△「2人は隣でいいかな?2人席だから、仲良くないと気まずいかな??」

『あ、いえ、大丈夫ですよ笑』

與「うんうん、俺らこの2週間で結構仲良くなってん笑」

△「それは良かった!じゃあ、そうゆう事でよろしくね、」

與「やったー!あなたちゃんと隣や!」

何歳児ですかってぐらい喜ぶ真ちゃんを見て堪えきれず笑ってしまった

『あはははっ😂』

與「な、なにわろてん?」

『いや、5歳児みたいだなーって笑』

與「もーそんなからかわんといてー、 はよ乗るで、」


    



そして、予定通りの時刻にLAを出発

真ちゃんは[俺はいつも景色眺めてるから]って窓側に座らせてくれた

與「静かやな?笑」

『だって、なんか寂しいじゃん、、笑』

與「またすぐ来れるて笑 俺の撮影は東京かLAしかないんやから笑」

『ま、そうだね笑』


話しながら、…飛行機に揺られながら、…

するとだんだん眠気が襲って来た

與「ん?眠いんか?」

『んぅ…』

與「あすみません、ブランケット1つ下さい、」

とCA《キャビンアテンダント》さんに頼んだ

ブランケットが届くと私にかけてくれて、ついでにしんちゃんもはいってきた

そして、ブランケットの下で手を繋いできた

與「おやすみ…」

そう言いながら私の肩に頭を乗せて、先に夢の中へ入った

その可愛い寝顔を眺めながら私も夢の中へと吸い込まれた

プリ小説オーディオドラマ