前の話
一覧へ
次の話

第21話

567
2020/03/12 14:48

日本についてからはあまり真ちゃんとも会わなくなった

だけど、相変わらず連絡はこまめにしてくれる真ちゃん

そんな所が優しいなぁっていつも思う



そしてそして!何と今日は!LAで撮った写真集の発売日!

だから、近くの本屋で買って真ちゃん家に行く予定





『すみません、與真司郎の写真集を予約していたあなたです、』

店員「あ、この本ですね、」

写真集を購入して真ちゃん家へ向かう






ピンポーン

與「はぁーい、入ってやー」

『…おじゃまします…』

真ちゃん家に入るのは真ちゃんが熱を出した時以来だから

久しぶりすぎて緊張してしまう

與「テキトーにそこソファーに座り?」

與「コーヒー、飲む?」

『あ、うん、ありがとう、』

久しぶりに来たなぁと思いソファーに座る

ホコリひとつ、髪の毛ひとつ落ちてない真ちゃんの家

ついつい緊張しちゃって、ソファーに体育座りで座る

與「はい、コーヒー」

『あ、ありがとう』

與「何で体育座りなん?笑」

『なんか分かんないけど笑』

與「あなたちゃん、ぎゅーしてもええ?」

『…うん///』

ギューッ

ぎゅーって効果音が付くぐらい可愛いハグをしてくれた


真ちゃんは温かくて優しい香りがした

與「あなたちゃん緊張してるん??笑」

『う、うん、ちょっとだけ…』

ちょっとっていうのは嘘でホントは心臓が破裂するぐらいドキドキしてる

與「うそやん、ちょっとじゃないやろ?笑」

與「だって今日目合わせてくれへんもん」

『だっ、だって、』

『真ちゃんの部屋着かっこいいんだもん…(ボソッ)』

與「なんやそれ、照れるやん笑」

與「ホンマは、俺も緊張してる…///」

『え?そうなの?笑』

慌てて真ちゃんを見れば自然的に上目遣いになってしまう

與「へへっ、気づかへんやったろ??笑」

與「てか、上目遣いダメや…可愛いすぎる…」

とか言いながら次はバックハグをした

『ねぇ、は、恥ずかしいから…///』

『あ!今日買ってきたんだよ!』

與「え?なにを??」

『ジャジャーン!【與真司郎フォトブック】!』

與「え?わざわざ買ってきたん?、笑」

『だって、一緒に見たかったもん、』

與「ふふっ、ええよ、一緒に見ようや」

なんて言いながらまたバックハグをした

『え?これで見るの!?』

與「ええやん、早みよや」

『わかったよ笑』



パラパラとめくると、

かっこよくキメた真ちゃん、

可愛い真ちゃん、

沢山の写真が並んでいた 

『あ!この帽子の写真!』

與「あなたちゃんとデートした時やで!!」

『で、でーと、…///』

與「なんでそんな赤くなるん笑 ホンマかわええなぁ笑」

って言って顔を覗き込んできた

そして、私の唇に自分の唇をつけて、ちゅ、っと短いキスをした

與「かわええから、チューしてしもうた笑」

真ちゃんだけが余裕そうで、頑張って自分からもキスをした

チュッ

『へへっ、これでどうだ!!』

與「不意打ちはアカン…///」

なんて言いながら耳まで真っ赤になった

すると今度は真ちゃんからの不意打ち、



そして、何度かキスを交わし、真ちゃんは私をバックハグしたまま

首に顔を埋めてきた

『ふふっ、真ちゃんの髪くすぐったい笑』

與「我慢してやー笑」






こんな幸せな時間がいつまでも続けば良いな…





✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂

一応これで完結です😅😅

どうでしたか??真ちゃんにこんな事されるのはいつだろうか…🥱💙


シチュエーションとかリクエストがある方は、ぜひぜひ、コメントしてください!

読んで頂きありがとうございました🙇‍♀️♡

プリ小説オーディオドラマ