無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

10話
【あなたside】
ヤバい…口が滑ってしまった
侑「2人ともそんな親しかったん?」
不快そうな顔をしながら侑が聞く
治「倫なんて呼び方しとるな、あなたは」
治が侑に対抗するような言い方で、私のことを名前呼びにs…って、今はそんなことどうでもいい!
倫「あー、これは」
ほら、倫も困ってるじゃん!
『じ、実は引っ越す前の所にスナリンタ君っていう友達がいて、その子のニックネームで呼んじゃったんだ』
『そ、そっくりだよね、名前!あ、あはは…』
いや、流石に無理があるなと思ったけど
これ以外咄嗟に思いつかなかった
倫「だそうです」
ほらぁ、倫が呆れた顔してる!涙
治「それ、ホンマ?」
『う、うん!』
双子「「そんなん…」」
嘘だろって、言われちゃうよね、やっぱり!?
双子「「凄いやん!!!!」」
『へ?』
侑「こんなことってあるんやなぁ!」
治「奇跡やなぁ!」
『…そ、そうだよね!!』
2人が少しばかり頭のネジがぶっ飛んでて良かったぁ←
北「練習戻るでー!」
北さんの一言で3人とも「ウッス」と言いながら去っていった
(あっぶなぁー、危うくバレるとこだった)
帰ったら、倫から説教あるな
私は怒った倫を想像しながら、ドリンクを片付けた