無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

19
2021/10/14

第4話

モデルの私と学校と。(2)
青葉 夢
青葉 夢
(はぁ。)
スタスタスタスタ
???
よっ!怜王
雨宮 怜王
雨宮 怜王
お、隼人。おはよ
生徒
きゃぁぁぁあ!怜王様に隼人様よ✨
生徒
今日も素敵だわ✧︎
うわぁ。やばいなこれ。
???
で、そっちの子は?
怜王が『隼人』と呼ぶ人が質問してくる。
青葉 夢
青葉 夢
私は青葉 夢です。今日からこの学校に転入することになって…
雨宮 怜王
雨宮 怜王
俺の婚約者だ。
???
え、婚約者ーーーーー!?
あーあ。やっぱりやったよ。声大きいな。
生徒
ええ?あの地味な子が怜王様の婚約者?
生徒
嘘でしょ?あのダサい子が?
生徒
怜王様可愛そう。
生徒
どこの令嬢なのかしら。
あーあーあーあー。女子からの視線が痛い。
???
怜王、お前いいのか?
雨宮 怜王
雨宮 怜王
なにが?
???
どーせ、いやいやなんだろ?
雨宮 怜王
雨宮 怜王
ん?いや?逆に夢の方がいやいやだよな。
???
は?
雨宮 怜王
雨宮 怜王
俺の方がお願いしたの
???
お前…Bせんだったのか?
コソコソ言ってるつもりなんだろうけど丸聞こえなんだよねぇ。
あーイライラしてきた。
青葉 夢
青葉 夢
あのねぇ…
雨宮 怜王
雨宮 怜王
いや、俺顔で選んでねーし。それに夢は超可愛いから。
私が切れる前にレオがさえぎって言う。
青葉 夢
青葉 夢
(…ってか何言ってんの!?)
青葉 夢
青葉 夢
丸聞こえなのよさっきから。
???
え、あ、ごめんなさい。えっと青葉さん…だっけ。俺は綾波隼人。レオの友達。よろしく。
青葉 夢
青葉 夢
よろしく。
雨宮 怜王
雨宮 怜王
夢が言ってた面倒なことってこーゆー事か。
青葉 夢
青葉 夢
だから私に従っとけば良かったのに。
雨宮 怜王
雨宮 怜王
うわぁ〜
青葉 夢
青葉 夢
(はぁ。)
キーンコーンカーンコーン
(先生)
今日から転入生がいらっしゃいます。入ってきてください。
こーいうのは定番なのね。
スタスタスタスタ。
私は教卓の前に立つ。
青葉 夢
青葉 夢
えー。この度転入してきました青葉 夢です。よろしくお願いします。
パチパチパチ👏🏻
(先生)
えーそれでは…
先生が話始める。
生徒
先生!
(先生)
なんでしょう?
生徒が手を上げる。
生徒
もっと転入生のことな知りたいので五分ほど質問界のようなものをやらせて頂きたいのですが。
(先生)
5分以内ならいいですよ。
生徒
ありがとうございます。
先生、そこはOKしちゃダメなやつだよ。
私絶対質問攻めじゃん。
生徒
ては、私から。怜王様の婚約者というのは本当ですの?
青葉 夢
青葉 夢
まあ、一応…
仮だけど。ここ大事。
ザワっ…
クラス中がザワザワし始める。
生徒
本当でしたのね。。。
生徒
次は私から。青葉グループというのは聞いたことがないのですがどこの令嬢なのかしら。
青葉 夢
青葉 夢
私はどこの令嬢でもなく怜王のお父さんの会社の、雨宮グループで働く父の娘です。
生徒
どこの令嬢でもない!?
生徒
嘘でしょ!?
さらに教室中がザワザワする。
この雰囲気嫌いだな。。。
雨宮 怜王
雨宮 怜王
もー5分だったろ。
レオが質問会を強制的にやめさせる。

…助けてくれた…のかな。。。
雨宮 怜王
雨宮 怜王
夢!こっち来いよ。
怜王のとなり…っていうのはなんか嫌だけど周りの目を考えると怜王のところが1番いいのかも。
ストン。
私は座る。
雨宮 怜王
雨宮 怜王
なんも言わないなんて珍しい。
青葉 夢
青葉 夢
今はそれが最善策。
そのまま授業が始まった。