無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,272
2020/05/24

第11話






私には、こんな風に戯れるような事…出来なかった。
だからこそ、大切さは理解している














あなた)…皆、明日の練習試合で勝ったら、どこか遊びに行かない?


皆)!!

日向)まじか!!?

伊月)…これはまたと無い機会だな

小金井)あなたちゃんと…出かけられる!

火神)お!何か面白そうじゃねぇか!

黒子)…絶対勝ちます

りこ)…うわぁ…さすがあなたちゃん。こいつらの事よく分かってるわね

あなた)えっと、こんなに反応してくれるとは思ってなかったわ…。(苦笑)


まさかこんなに皆出かけたいなんて…。やっぱり、バスケのやり過ぎも嫌だったのかしら?


それに私の提案にすぐに乗ってくれるって…少しは信頼してくれたって事だといいけれど




















ー練習試合当日ー



火神)…全然寝れなかった

黒子)火神くん、いつにも増して目付き悪いですね

火神)あ?別に普通だわ!てか何でお前はいつも通りなんだよ

黒子)これでも結構ワクワクしてる方ですけど

火神)分かりずらいわ!

小金井)いや、俺には分かるぞ黒子!これに勝てればあなたちゃんが待ってるんだからな!


あなた)?何か言いましたか?

小金井)あ!いや何でもない!

あなた)なら良いんですが…あれ?誰かこっちに向かって来てません?

日向)?あー!てめぇ、黄瀬じゃねぇか!

黄瀬)どうもっス!誠凛の皆さん!


あなた)お久しぶりですね、黄瀬くん。

黄瀬)はい!あなたちゃん、久しぶりっス!






黒子)…思ったよりも、仲が良さそうですね。

火神)あ?まぁ確かにな〜。


日向)あ、あの黒子が拗ねてる…!?

小金井)珍しい事もあったもんだな…!







黄瀬)黒子っちもお久しぶりっすね!

黒子)えぇ、お久しぶりです、黄瀬くん。

黄瀬)いいなぁ、黒子っちは。俺もあなたちゃんと同じチームが良かったっス〜!

黒子)黄瀬君でも、あなたちゃんは渡しませんよ。



あなた)…ふふっ…。ありがとう黒子くん。





火神)って、おい!俺の事忘れてる訳じゃねぇだろうな!


黄瀬)あぁ、そういえば君もいたんっすね

火神)いるに決まってんだろうが!!


りこ)てか、早く案内してくれない??💢




黄瀬)えー!!何かめちゃくちゃ怖いんっスけど…!黒子っち、?


黒子)そういうものです…。