無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,147
2020/08/02

第12話






黄瀬)そういえば聞いてくださいっス!俺、結構頑張ったんっスよ!!


黒子)?何がですか?黄瀬くん



黄瀬)実は、監督が反面コートしか使わせん!って言ったんっスよ!!


りこ)は〜?!何それ!うちらそんなに舐められてるって事かしら?!!

日向)そんなに正面から喧嘩売られるとはなぁ!


黄瀬)ちょ、ちょっとストップしてください!
全面コート使えるっすから!大丈夫ッスよ!?


りこ)そういう問題じゃないの!!舐められてるって事が重要なの!








黄瀬)えっと、なんか、、黒子っち。俺、誠凛だとやっていけない気がするっス…。


黒子)コクッ…想像出来ます…。


あなた)ふふっ…本当に賑やかだね。



笠松)おい!何してんだよ、黄瀬!早く来い!


黄瀬)ちょ、怒んないでくださいよ!先輩!今から行くっスから!

黒子)じゃあまた後で黄瀬くん。


黄瀬)うん、黒子っち!更衣室はあっちっスから〜!








りこ)はぁ、やっとゆっくり出来るわ…。

あなた)あはは…嵐の様な人でしたね。










ピッーーーー



モブ)海城高校VS誠凛高校の練習試合を始めます。


海城高校)よろしくお願いします!(っス!

誠凛高校)よろしくお願いします!










ドンッ ドンッ

笠松)黄瀬ー!!!やれ!


黄瀬)了解っす!

ドンッ ドンッ

黄瀬)おりゃ!!

ーダンッー(ダンク)


海城高校)しゃあぁ!!


日向)ちっ…!次、一本返していくぞ!!


伊月)あぁ!

火神)くそっ!


黒子)火神くん、落ち着いて下さい。まだ第1クォータですから

火神)分かってるっての!これから取り返していくぞ!

黒子)はい!
















あなた)…海城高校、やっぱり強いですね…


りこ)、、そうね…。思っていた以上だわ。まず、個々の能力が違いすぎるし


あなた)でも、黒子くんと火神くんの連携が上手く行けば大丈夫なはずです…。









この試合…勝って貰わなければ。絶対に

負けるなんて、有り得ない。


私が"担当"した学校が。








りこ)…あなたちゃん?…大丈夫よ!アイツらは強いから!!


あなた)あっ、はい!私も信じてます!