無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,285
2020/05/24

第10話



〜練習試合まであと一日〜



あなた)あと、一日…か。ギリギリ仕上がったかしら





黒子)あの、あなたちゃん。


ビクッ


あなた)あ、あぁ…黒子くん。ごめんなさい考え事をしてたから

黒子)いえ、別に慣れてるので大丈夫ですよ

あなた)そう…?で、どうしたのかしら



黒子)…今言うのもあれなんですが、、黄瀬くんと出かけたのはどうでしたか?

あなた)?…黄瀬くんの事?まぁ、楽しかったわよ…勘が鋭い人だとも思ったけれど…

黒子)楽しかったなら、いいです。ただあなたちゃんは苦手なタイプかもと思ったので…

あなた)…!その通り、かもしれない。…黒子くんは、良く分かったね

黒子)少し、人を観察してしまう癖があるので、

あなた)…黒子くんにも癖があるのね。それは、試合に活かせそうだわ…

黒子)?あなたちゃんだって人をよく見て、指摘できるじゃないですか。僕よりも役に立つ癖ですよ。

あなた)!…………ありがとう。ニコッ







日向)あ!!黒子があなたちゃんを口説いてるぞ!!

火神)へぇ〜。お前もやる時はやるんだなー!


黒子)ちょ、違いますって…



小金井)いやいや!今のは絶対口説いてたっしょ!

りこ)ちょっと、アンタら!そんな事してる場合じゃないでしょ!!!


日向)おい、りこ〜。少しぐらい息抜きしたっていいだろ…?

小金井)そうだそうだ!息抜きも大事だー!







りこ)はぁ…まぁ、いいけど。あなたちゃん申し訳ないけど出来たらこいつらの最終調整しといてくれない?


あなた)え?あ、分かったわ、りこちゃん。やっぱり明日は大事だからね


りこ)そうそう!大事だって言ってんのに……コイツらときたら、じゃれまくって


あなた)仕方ないよ…それに、こういう時間も少しはいいかもしれないから